校長先生の部屋

更新日  令和4年4月12日

校長のあいさつ

 今年も、満開の桜のなか、始業式や入学式をとりおこなうことができました。新型コロナウイルス感染症の対策で、今年も入学式に地域の皆様のご臨席をいただけなく、大変残念に思っております。
 令和4年度は、3年生157名、2年生142名、新入生135名の全校生徒434名、14学級でスタートいたしまた。
 鶴が台中学校では、今年度から、新しく7組が開設され、2年生に1名、1年生に3名、合計4名が、7組を中心として学習します。地域に住んでいる生徒が地元の学校で一緒に学習するインクルーシブな考えのもと、7組だけで学習するのではなく、それぞれの学年の交流学級でも一緒に学習をする予定です。
 7組のスタートに合わせて、鶴が台中学校では、不必要な男女の区別をなくし、女子と男子が互いを尊重し合うことができる学校を目指していこうと思っています。その第一歩として、今年度から式典や集会などで男女別で整列することをやめました。これは、共生社会実現に向けての小さな一歩です。これから、先生方と生徒の皆さん、保護者の皆様と力を合わせて、差別のない生活しやすい学校にしていきたいと思っています。
 今年も、新型コロナウイルス感染拡大の影響を大きく受けながらの1年になりそうですが、保護者の皆様や地域の方々のお力をお借りしながら、教職員一同、生徒が安心して通える学校を目指し、生徒の気持ちに寄り添いながら教育活動に取り組んでまいります。どうぞよろしくお願いします。
鶴が台中学校長 山口 茂

学校教育目標

  • 心もからだも健やかな人になる。
  • 自ら学び、自ら考え、的確に表現できる人になる。
  • 豊かな人間性を持った人になる。

令和3年度スローガン

「Think and Link ~考えて繋げ、自分の考えはどうなるか~」

一人ひとりの違いを認め合い、尊重できる学校
 ・自分自身を大切にする
 ・互いの個性を尊重する
 ・協力し助け合うことができる仲間づくり

めざす学校像

〇生徒が安全に安心して生き生きと生活できる学校
〇あたたかな雰囲気のある学校
〇互いの違いを尊重し、認め合い高め合うことができる学校
〇差別のない学校
〇考えることを具体化し、聴いて考えてつなげる授業を展開する学校
〇コミュニティ・スクールの導入に伴い、地域や保護者とともにつくり上げる学校
〇全教職員が一体となって生徒を育てる学校

めざす生徒像

〇あいさつができる生徒
〇互いの違いを尊重し、認め合い高め合うことができる生徒
〇自他ともに大切にできる生徒
〇差別を許さない生徒
〇生命を尊重することができる生徒
〇授業に主体的に取り組む生徒
〇自らの考えを持ち、自分の考えを表現できる生徒
〇自分で判断し行動できる生徒
〇学校や地域を愛し貢献する生徒

めざす教師像

〇生徒一人一人に寄り添う教師
〇授業に対して常に向上心を持ち続ける教師
〇保護者や地域の期待に応えようとする教師
〇チームを意識して行動する教師

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページ(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無償配布)し、説明に従ってインストールしてください。

このページに関するお問い合わせ

鶴が台中学校
〒253-0003 茅ヶ崎市鶴が台2番7号
電話:0467-51-1170