エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在のページ:  茅ヶ崎市立小学校・中学校トップページ > 中島中学校 > 校長先生の部屋

ここから本文です。

校長先生の部屋

更新日  令和2年4月27日

学校長あいさつ

茅ヶ崎市立中島中学校校長 高橋 一生

校長のあいさつ茅ヶ崎市立中島中学校 校長 高橋 一生

 校長3年目となりました、第14代校長の「高橋 一生」です。よろしくお願いいたします。
 今年度、本校は創立45周年を迎えました。4月
6日には、110名の新入生を迎え、新たなスター
トを切れたことをたいへん嬉しく思っております。
そして、前期終業式のある10月9日には、リオデ
ジャネイロオリンピックのシンクロナイズドスイミ
ング、チームで銅メダルを獲得し、同年、茅ヶ崎市
民栄誉賞を受賞している本校卒業生の小俣夏乃さん
をお迎えし、記念集会と記念講演を行うことを予定
しています。また、生徒会本部役員の皆さんの提案で、本校の緑化を進めるため、新しく花壇をつくることになっています。45周年を飾る素晴らしい提案であり、完成を楽しみにしています。
 さて、本校の大きな特色は、地域との結びつきの強さです。学校教育目標に「郷土の文化を愛する人になろう」があり、めざす学校像に「『地域に学び、地域を愛し、地域に貢献できる』生徒を育成できる学校」とあるのもその表れです。昨年10月には、茅ヶ崎警察署長、茅ヶ崎・寒川防犯協会長の連名で「防犯功労団体」として感謝状をいただきました。湘南地区「福祉まつり」で行っている「振り込め詐欺」防止の寸劇や、柳島小学校区青少年育成推進協議会が実施している「子ども110番ステッカー」の貼り付け事業への協力等によるものです。ご推薦いただきました茅ヶ崎・寒川防犯協会の会長様をはじめとする関係者の皆様に深く感謝申しあげます。また、日頃よりご支援いただいている地域の皆様に重ねて御礼申しあげます。
 しかし、現在の日本は、新型コロナウイルス感染症の関係で、大きな困難に遭遇しています。「中島丸」も荒波の中の船出となりました。今後の教育活動にも、さらに大きな影響が出ることが予想されます。しかし、このような時こそ、皆で心を合わせて「中島丸」を漕いでいきたいと考えています。荒波の向こうには、きっと素晴らしい景色が待っていると信じて、皆で頑張っていきたいと思います。
 保護者の皆様、地域の皆様におかれましては、本校の教育活動へのご理解ご協力を何卒よろしくお願いいたします。
 

なかじま

賞状
(防犯功労団体、感謝状)

令和2年度 学校経営案

経営案

経営案

令和2年度 学校グランドデザイン

令和2年度 学校グランドデザイン

令和2年度 学校グランドデザイン

本校における教育活動推進のイメージ図

本校における教育活動推進のイメージ図

本校における教育活動推進のイメージ図

令和2年度 学校運営組織図

令和2年度 学校運営組織図

本年度の取組重点目標等の具体

 学校経営、学校運営

  •  評価、改善を前提としたカリキュラム開発に努める。
  •  トップダウン、ミドルアップ、ボトムアップがともに機能する学校をめざす とともに、次世代の育成を図る。
  •  コミュニティ・スクールの導入に向けた準備に入る。
  •  創立45周年記念事業を実施する。

 授業改善

*市教委推薦研究校の指定を受け、各教科の授業改善を一層推進する。

  •  生徒主体の授業を推進し、学びの保証に留意する。
  •  スーパーバイザーである横浜国立大学教育学部、有元典文教授の指導・助言の もと、生徒が「したくなる」場を授業において構築できる教師となる。
  •  授業キャッチフレーズを作成し、生徒、保護者に配付するとともに、その趣旨 がさらに浸透するよう計らう。
  •  目標(ねらい、めあて)」の妥当性を協議できる教師集団をめざす。
  •  グループワークの質的向上を図り、学び合い、伝え合う生徒を育成する。
  •  教室環境(特に、前の黒板とその周辺)の整備をとおして、授業のユニバーサル デザイン化を推進する。

 適正な評価、評定

  •  現行の学習指導要領の趣旨に即した適正な評価、評定を行うために、各観点の評 価資料について十分な吟味を行う。
  •  ティームティーチングにおけるT2の役割を明確にし、評価、評定のための適切 な資料を作成する。

 道徳教育

  •  ローテーション方式の授業を有効に機能させ「考える道徳」「議論する道徳」への転換を さらに図る。

 いじめ防止

  •  いじめの未然防止、早期発見、早期解決に向け、全校体制で意識の向上を図る。

 チーム対応の強化 → 事故防止

*特に、公金と定期テスト、評価、評定等に関する事故防止に全力を尽くす。

  •  『報告・連絡・相談』を徹底し、縦と横のつながりを強化する。特に、管理職へ の速やかな報告を心がける。
  •  「情報はスピードが命」を合言葉にチーム対応を行う。
  •  気になることをそのままにせず、必ず周りに発信する。
  •  生徒が帰宅する前の保護者への一報を心がける。(含む、着歴)
  •  「記憶」より「記録」を重視し、簡潔、確実な記録をとるよう心がける。
  •  首より上の怪我には特に留意し、120%の対応を行う。
  •  教頭を情報のキーステーションとするが、主な案件については、学年主任、学級 担任、部活動顧問等が校長にも直接、報告をあげる。

 環境整備、セキュリティの強化

  •  「環境整備こそ、最善の事故防止」を合言葉に、セキュリティを強化する。
  •  全教職員の防災意識、安全意識を高める。特に、階段、廊下は、避難経路として 完全に確保する。

このページに関するお問い合わせ

中島中学校
〒253-0073 茅ヶ崎市中島1469-2
電話:0467-85-1183