エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在のページ:  茅ヶ崎市立小学校・中学校トップページ > 中島中学校 > 校長先生の部屋

ここから本文です。

校長先生の部屋

更新日  令和3年4月27日

学校長あいさつ

茅ヶ崎市立中島中学校校長 鈴木 修司

校長のあいさつ茅ヶ崎市立中島中学校 校長 鈴木 修司

 中島中学校のホームページをご覧いただきましてありがとうございます。
 令和3年4月1日に第15代校長として赴任しました鈴木 修司(すずき しゅうじ)と申します。どうぞよろしくお願いいたします。
 昭和51年の創立から46年目を迎え、地域に支えられた中島中学校校長として、子どもたちの成長に関われますことを大変嬉しく思います。また、昨年度は創立45周年を迎え、地域の皆様に多大なるご支援・ご協力を賜りましたこと御礼申しあげます。
 さて、近年子どもたちを取り巻く社会は多様化・複雑化し、予測困難な未来を生き抜いていける「生きる力」の育成が重要視されています。
 そこで、「一人一人の社会的自立に向け、必要な基盤となる資質・能力」の育成が大切だと考え、本校では次のような力の育成に取り組んでいきたいと思います。
 1 自ら運動に親しみ、健康・体力の向上を図る力
 2 人の気持ちを理解し、お互いを認め合い、支え合える力
 3 自ら考え判断し、行動できる力
 4 地域行事に積極的に参加し,地域から学び、地域を愛し、地域に貢献する力
 生徒の皆さん、日々忙しいと思いますが、「努力は裏切らない。継続は力なり。」という言葉を信じ、日々の努力を忘れず、自分を信じる心を持って、いろいろなことにチャレンジしてください。
 私たち教職員も保護者や地域の皆様の期待に応えられるよう全力を尽くして取り組んで参ります。
 また、学校・家庭・地域が連携してこそ、子どもたちへの教育効果は上がっていくと思います。ぜひ、保護者・地域の皆様に、学校に足を運んでいただき、授業を参観したり、お子さんの学校生活の様子について気軽に先生方に声をかけていただきたいと思います。
 結びに、残念ながら新型コロナウイルス感染症の収束に未だ至っておりません。しかし、皆で心を合わせて「子どもたちのために」を合い言葉に、地域の学校としての役割をしっかりと果していきたいと考えております。これからも中島中学校の教育活動に対し、ご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。

 令和3年4月吉日 茅ヶ崎市立中島中学校  校長  鈴木 修司

なかじま

令和3年度 学校経営案

経営案

経営案

令和3年度 茅ヶ崎市立中島中学校 グランドデザイン

令和3年度 茅ヶ崎市立中島中学校 グランドデザイン

本校における教育活動推進のイメージ図

本校における教育活動推進のイメージ図

本校における教育活動推進のイメージ図

令和3年度 学校運営組織図

令和3年度 学校運営組織図

本年度の取組重点目標等の具体

 学校経営、学校運営

  •  評価、改善を前提としたカリキュラム開発に努める。
  •  トップダウン、ミドルアップ、ボトムアップがともに機能する学校をめざす とともに、次世代の育成を図る。
  •  コミュニティ・スクールの導入に向けた準備に入る。

 授業改善

*市教委推薦研究校の指定を受け、各教科の授業改善を一層推進する。

  •  生徒主体の授業を推進し、学びの保証に留意する。
  •  スーパーバイザーである横浜国立大学教育学部、有元典文教授の指導・助言の もと、生徒が「したくなる」場を授業において構築できる教師となる。
  •  授業キャッチフレーズを作成し、生徒、保護者に配付するとともに、その趣旨 がさらに浸透するよう計らう。
  •  目標(ねらい、めあて)」の妥当性を協議できる教師集団をめざす。
  •  グループワークの質的向上を図り、学び合い、伝え合う生徒を育成する。
  •  教室環境(特に、前の黒板とその周辺)の整備をとおして、授業のユニバーサル デザイン化を推進する。

 適正な評価、評定

  •  現行の学習指導要領の趣旨に即した適正な評価、評定を行うために、各観点の評 価資料について十分な吟味を行う。
  •  ティームティーチングにおけるT2の役割を明確にし、評価、評定のための適切 な資料を作成する。

 道徳教育

  •  ローテーション方式の授業を有効に機能させ「考える道徳」「議論する道徳」への転換を さらに図る。

 いじめ防止

  •  いじめの未然防止、早期発見、早期解決に向け、全校体制で意識の向上を図る。

 チーム対応の強化 → 事故防止

*特に、公金と定期テスト、評価、評定等に関する事故防止に全力を尽くす。

  •  『報告・連絡・相談』を徹底し、縦と横のつながりを強化する。特に、管理職へ の速やかな報告を心がける。
  •  「情報はスピードが命」を合言葉にチーム対応を行う。
  •  気になることをそのままにせず、必ず周りに発信する。
  •  生徒が帰宅する前の保護者への一報を心がける。(含む、着歴)
  •  「記憶」より「記録」を重視し、簡潔、確実な記録をとるよう心がける。
  •  首より上の怪我には特に留意し、120%の対応を行う。
  •  教頭を情報のキーステーションとするが、主な案件については、学年主任、学級 担任、部活動顧問等が校長にも直接、報告をあげる。

 環境整備、セキュリティの強化

  •  「環境整備こそ、最善の事故防止」を合言葉に、セキュリティを強化する。
  •  全教職員の防災意識、安全意識を高める。特に、階段、廊下は、避難経路として 完全に確保する。

このページに関するお問い合わせ

中島中学校
〒253-0073 茅ヶ崎市中島1469-2
電話:0467-85-1183