エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在のページ:  茅ヶ崎市立小学校・中学校トップページ > 室田小学校 > 校長先生の部屋

ここから本文です。

校長先生の部屋

更新日  令和3年4月19日

ごあいさつ茅ヶ崎市立室田小学校 校長 下反 達二

 豊かな心を持ち、主体的・創造的に行動する子を育てます 

 令和3年度が始まりました。室田小学校は112名の新入生を迎え、児童数682名でスタートをきりました。 私はこの度 大越 敏孝前校長の後を引き継ぎ着任いたしました 下反 達二 (しもぞり たつじ)と申します。前校長の志を大切にしながら、子どもたちの確かな成長のために精一杯力を尽くしていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

 「豊かな心をもち、主体的・創造的に行動する子の育成」を学校教育目標として掲げ、教職員が、それぞれの持ち味を生かしながら、子どもたちの支援・指導に取り組んでまいります。

 まだまだコロナ禍において、まだまだ予断を許さない状況にあります。感染防止には細心の注意を払いながら、教育活動を進めてまいります。

 皆様の変わらぬご理解、ご協力をこれからもよろしくお願いいたします。

学校教育目標

『 豊かな 心 を持ち、主体的・創造的に 行動する子の育成 』

心=「知識・感情・意志の総体」

知:人間がその生の中で獲得した知識を基に、理性的に判断したり合理的に思考したりする知的な心
    (知性・理性)

情:喜怒哀楽、快不快、美醜、善悪などを感じ取る人間の感情に基づく情的な心(感性)

意:人間として自分自身の在り方をつかさどる意志的な心

これらは個々に存在するのではなく、有機的に結び付き、互いに作用しながら総体として存在する

豊かな心

・美しいものや自然に感動する心といった柔らかな感性

・他人を思いやる心や優しさ、相手の立場になって考え、共感することのできる温かい心

・生命を大切にし、人権を尊重する心などの基本的な倫理観

・よい行いに感銘し、間違った行いを憎むといった正義感や公正さを重んじる心

主体的

・自分の意志・判断に基づいて

創造的

・新しいものを作り出していく力があるさま

行動する

・目的をもって実際に動く

 学校教育目標である『豊かな心を持ち、主体的・創造的に行動する子の育成』を達成するために、全職員が共通認識を持ち、互いに協力し信頼関係に基づく教育実践を行う「チーム室田」として取り組む。室田の子どもたちを「豊かな心」持ち「自ら気付き行動できる力」と「新しいものを作り出す力」を身につけた人材へと一丸となって育成する。そして、様々な課題の解決に向けて時代の変化に対応し生き抜くための「確かな学力」を身に付けさせることを目指す。

 そのため、ここ数年大切にしてきた「人は人の中で育つ」との信念のもと、豊富なかかわり合いの場面を設定するとともに、子どもたち自身が考え、実行できるような仕掛けづくりを、一人ひとりの教職員が常に研鑽し、知恵を出し合いながら、「チーム室田」の認識に立って全員で実践することとする。

めざす子ども像・学校像・教師像

<めざす子ども像>

<室田の子どものめあて>

やさしく(思いやりのある子)

かしこく(進んで学ぶ子)

たくましく(心と体の元気な子)

つけたい力

やさしく(思いやりのある子)

・自他を大切する心、豊かな社会性や連帯感、想像力(予測やイメージがもてる)、道徳性

かしこく(進んで学ぶ子)

・主体的・創造的に学ぶ力、自己学習力、他者とともに学ぶ力、チャレンジ精神、ルールやきまりを守る

たくましく(心と体が元気な子)

・豊かな感性、あきらめない粘り強さ、丈夫な体、自己有用感、基本的生活習慣の確立

<めざす学校像>

・一人ひとりを大切に、多様性を認め合う学校

・学び合い、育ち合う喜びにあふれた学校

・地域や社会に信頼される学校

<めざす教師像>

・愛情と情熱にあふれた教師

・向上心と使命感に満ちた教師

・専門性、同僚性、協調性のある教師

学校経営方針

令和3年度(2021年度) 学校経営方針

『できる喜び・わかる喜び・かかわり合う楽しさ』の実感ある学校づくり

~ともに学び、ともに育ち、ともに支え合う、笑顔と喜びのあふれる学校~

1 児童一人ひとりに丁寧に対応し、児童を深く理解し支援する

・いじめ撲滅への取り組み

・不登校(登校しぶり)の解消

・温かい学級づくり

2 「松の実教室」を通したインクルーシブ教育の推進

・子どもたち一人ひとりのニーズに適切に対応した支援教育の推進

・多様な学びの場としての「松の実教室」

・「人格と個性を尊重し支え合う力」「互いの良さや多様性を認め、協働する力」を育む

3 「あたたかい聴き方」「やさしい話し方」を基盤とした「主体的・対話的で深い学び」の実現

・チームで協力し、教師は高い授業デザイン力を身に付けるよう意識して取り組む。

・新学習指導要領の本実施における授業づくりと授業実践

・学習と評価の充実

・「ひと・もの・こと」との豊富なかかわり合いの場面設定を図る

・新型コロナウイルス感染症拡大防止のための臨時休業長期化における教育課程の編成

できる喜び・わかる喜び・かかわり合う楽しさ』の実感ある学校づくり

◎『できる喜び』の実感:健康な心身を育み、安心して挑戦できる学校。

☆防災安全教育(防災・発災教育の充実、交通安全指導の充実)

☆生活科・総合的な学習の時間(つけたい力を意識し創意工夫を生かした活動の充実)

☆環境教育(自然・資源保全意識の向上と保護行動の実践)

☆キャリア教育(将来設計能力・意志決定能力の育成・キャリアパスポートへの取り組み)

☆運動指導(体力向上、体育授業の工夫・改善)

☆地域連携(地域内外の教育資源整理・活用、社会教育との連携、コミュニティ・スクール導入に向けた取り組み)

☆特別活動(自主的・実践的な児童会活動・縦割り活動の充実)

◎『わかる喜び』の実感:いろいろなことや人の心がわかる学校。

☆新学習指導要領本実施への取り組み

☆学力を伸ばす授業実践(校内研究、授業改善、初任研、年次研)

“聴く、考える、説明する”学びの展開

・人の話を“分かろうとして”聴く子の育成

・自分の考えを“分かってもらえるように”話す子の育成

・年間指導計画検討(新型コロナウイルス感染拡大防止の臨時休業長期化への対応)

☆評価の充実(評価規準見直し、指導の質向上に活用、学習状況把握と課題解決)

☆校内研修(研修体制整備、OJT)

☆視聴覚指導・情報教育(情報活用能力の育成、情報モラル教育の充実)

☆プログラミング教育(論理的思考力を身に付ける学習活動としての教科・単元の設定)

☆図書指導(自主的に学習する場としての学校図書館機能改善、読書活動活性化)

☆外国語・外国語活動(専科教員の活用、接続を意識した指導体制の充実)

☆道徳教育(組織的な指導体制の充実、小中接続、家庭・地域との共通理解)

◎『かかわり合う楽しさ』の実感:様々な人とかかわり合いの中で子どもが育つ学校。

☆児童指導(ルール・マナー・あいさつ指導、モラルの醸成、いじめ防止教育)

☆清掃指導(清潔で魅力ある教育環境づくりの推進)

☆保健教育(目標を意識した組織的な指導体制づくり、学校保健委員会の活性化)

☆食教育(体験活動、家庭・地域との連携、食文化の継承、新型コロナウイルスへの対応)

☆保幼・小・中の連携・継続(幼児教育との連携・円滑な接続、小中9年間の学びの継続)

☆相談・支援(学年・チーム対応、専門機関との連携、特別支援教育の推進、校内研修)

☆インクルーシブ教育の推進(松の実教室との交流及び共同学習、合理的配慮)

このページに関するお問い合わせ

室田小学校
〒253-0018 茅ヶ崎市室田一丁目1番1号
電話:0467-53-1241