エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在のページ:  茅ヶ崎市立小学校・中学校トップページ > 鶴嶺小学校 > 校長先生の部屋

ここから本文です。

校長先生の部屋

更新日  平成29年5月19日

鶴嶺小学校「開校110周年」に向かって

                                 茅ヶ崎市立鶴嶺小学校 校長 橋本 和男

鶴

 今から63年前の昭和28年に鶴嶺小学校の「校歌」が誕生しました。作詞は土岐善磨氏,作曲は平井康三郎氏です。鶴嶺小学校の発展とともに,私たちの学校の大切な歌「校歌」は,多くの児童に歌い継がれてきました。

 校歌のフレーズに「♪ここに学び,ここに励む」とあります。「ここ」とは,言うまでもなく,私たちの学び舎である学校です。地域にある学校で,地域に暮らす子供たちが,未来に向かって大きく伸びる場所です。昭和28年という年は,私は未だ生まれていませんので,実感としてのイメージは沸きませんが,戦後間もなくの時期で,日本の国が,未来に向かって発展という大きな可能性を秘めていた頃だと思います。

 その時代に,「ここに学び」という文言は,斬新的なものであると推察できます。当時は,未だ,「学び」という言葉よりも「勉強」「勉学」「教え」などが,学習することを表す言葉として多く使われていました。「学び」という意味を調べてみると,「学びの語は,勉強よりも主体的かつ人間的な営みを含む意味合いで用いられる」とあります。すなわち,当時,本校の教育活動は,児童の主体性を重んじる教育を目指していたと思います。

 その伝統は受け継がれ,現在,本校の「教育の目標」は,「未来に向かって伸びる鶴嶺の子」です。このテーマは,私を含めて四代の校長(第22代~第25代)が,新しい時代の学校像として大切にしています。このテーマの文言も「伸びる」という表現になっています。「伸びる」という言葉を用いて,「伸ばす」という表現を避けています。それは,伸びる主体は,あくまでも児童自身であるからです。「伸びる」は,自動詞です。「伸ばす」は,他動詞です。その言葉の活用を考えてみますと,「伸びる」は,「自分が伸びる」と使います。一方,「伸ばす」は「子供を伸ばす」ということになります。

 今,日本の教育が大きく転換する時代を迎えています。3年後の平成32年度(2020年度)は,東京で2回目の夏季オリンピックが開催されます。その年に,新しい小学校学習指導要領が完全実施となります。すでに,文部科学省より平成29年3月に新学習指導要領が公示されました。

 新たな要領では,改定のポイントとして,「知識の理解の質を高め,資質・能力を育む『主体的・対話的で深い学び』」を実現することが述べられています。何のために学ぶのか?という学習の意義を大切にして,児童の学ぶ能動性を引き出していく教育の実施に向かいます。

 この方向性は,本校の伝統にある教育理念にマッチしていると思います。児童が「学びの主人公」です。未来をしっかり見据え,一人ひとりの児童が,豊かな経験を通して,「こころ」も「からだ」も大きく成長できるよう教育を展開してまいります。

教 育 の 目 標

教 育 の 目 標

● 「未来に向かって」

・人間は,誰しも「成長したい」「大きくなりたい」などの成長欲求を持っています。今の自分よりも,もっと色々なこと「知りたい」「できるようになりたい」と常に思っています。そのエネルギーは,大人よりも子どもの方が強くあり,子どもは,その存在自体は,能動性・内発性に富んでいます。未来に向かって成長する子どもを大切に育てていきましょう。

● 「伸 び る」

・教育の目的は,一人ひとりの子どもの「人格の完成」にあります。子どもは,個性豊かな存在です。それぞれの輝き方をしています。その子どもの持っている成長の可能性を「伸びる」という言葉で表現したいと思います。伸びる主人公は,あくまでも子ども自身です。しかし,子ども一人では伸びることができません。人と人とのかかわりを通して育てていきます。

● 「鶴嶺の子」

・子どもたちの成長にとって必要な環境の一つは,「地域」です。創立109年目の学校にある歴史と文化,そして「鶴嶺」という地域にある教育資源。地域に暮らす子どもたちを地域にある学校で育てていきたいと思います。また,鶴嶺の子の「子」とは,全児童を対象とします。すべての子どもたちの成長を目標として教育活動を進めます。

学 校 教 育 目 標

学 校 教 育 目 標

 学校は,人と人とが一緒に生活し,お互いが関わり合いながら成長していく場です。児童から見れば,自分と同世代の仲間と共に社会生活を繰り広げるところが学校です。

 本校の教育活動では,この「学びあい」に重点を置き,学校教育目標を実現していきたいと考えています。その伸びる姿を目標に置き児童を育ててまいります。

 伸びる児童の姿の一つ目は,●自分で考え学び「かしこい子」です。自分で意味がわかって,自分から行動できる姿を求めていきたいと考えます。

 児童は,本来,能動性に富んだ存在です。自分から意欲を持って学ぶ姿は素敵です。学ぶプロセスには「大変さ」や「困難さ」は,必ず生まれるものです。その時に,自分の弱い心に負けないで粘り強く頑張れる「根気」や「勇気」の心のたくましさを育んでいきましょう。

 自分から人に向かってあいさつができる子は「かしこい子」です。それは,あいさつをする意味を自分なりにわかっているからです。「~しなさい」という命令を繰り返されても,人間は「やる気」が起こりません。自分からあいさつができる子は,いつも笑顔が輝いています。

何かが「わかる」ことは,学ぶ楽しさにつながっていきます。そして,さらにもっと「わかりたい」と意欲に転化します。自分で考え学ぶ姿をいっぱい見つけたいと思います。

 次に目標に置いたのが,●仲間とふれあい「やさしい子」です。今,社会の急激な変化に人間か適応できなくなってしまっています。スマホやケイタイの普及により,乾いた言葉が飛び交っています。残念ながら児童もその危険に晒されています。

 本来,人と人とのコミュニケーションとは,お互いに顔を合わせて,気持ちと気持ちの通い合いが大切になります。学校では,もちろんスマホは持ってきてはいけません。だからこそ,学校生活を繰り広げる中で,心と心の交流をたくさん経験してほしいのです。

 また,毎日の生活の中で,「どの友だちとも仲よくしていこう」とする気持ちを高めていくことが大切です。同じ人は存在しません。みんな違っているのです。相手の人が持っている良さを発見し,仲よくしていくことです。その反対の人が自分勝手です。仲間とふれあい,人を大事にできる「やさしい子」をたくさん発見していきたいと思います。

学校教育目標の実現に向かって

学校教育目標の実現に向かって

 全児童が一年間の学校生活を通して,「かしこい子」「やさしい子」に伸びていってほしいと心から願っています。児童(お子様)の成長環境として,私たち大人(教師,保護者)の姿やふるまいは,その影響は大きいと考えます。児童は,いつでも私たちの行動を見ています。その姿を手掛かりに模範にしながら成長しているのです。

 また,児童は,自分を大切にしてくれる人が大好きです。自分の気持ちをわかってもらえる,自分の話を聞いてもらえると,心の中に安心感と安全感が満ちてくるのです。安心の反対は不安,安全の反対は危険です。児童は不安や危険を感じると私たち大人に助けを求めてくるのです。

 学校教育目標の「かしこい子」「やさしい子」は,一人ひとりの個性が輝き,成長の可能性を開いていくことです。そのための日々の授業です。毎日の生活です。○一人ひとりを大切に,心がかよいあう教育実践を展開していきたいと思います。

 その第一歩は,私たち大人の児童理解(心の理解)から始まります。そして,その子を「どのように成長させていくのか」という願いと思いを持つことが,教育活動創造の原点です。そして,次の具体的な手立てとして,その実現に向けて計画し実践に移していきたいと考えます。

 さらに,児童の成長にとって「授業」は,言うまでもなく大切な場です。その経験の積み重ねによって成長するといって良いでしょう。○みんなでかかわりあい「学びあう」授業づくりに挑戦していきたいと思います。

 自分が考えたことや疑問に思ったことを,お互いに気持ち良く交流することを通して,深め合ったり高めあったりして,力を身に付けていってほしいと思います。学級の仲間で,能動的に自然に学びあいが生まれる教室づくりに挑戦します。

 さらに,児童の成長を図っていくためには,豊かな「環境」を用意しなければなりません。次に,目標を達成する環境ABCの構造図を示しました。双葉の成長は,低・中・高学年の児童の成長をイメージしています。環境の三つの要素について,右に説明をいたしました。植物を見たときにも,成長には「温かな日差し」「いのちを潤す水」「伸びるための栄養」が必要です。人間の心身ともに健やかな成長には,同様な環境が必要です。

 子供が育つ「学校」「家庭」「地域」。今年度も豊かで良い環境を生み出していくために,ご支援,ご協力をよろしくお願いいたします。

ABC構造図

伸びゆく姿を求めて(今年度のチャレンジ)

★伸びゆくチャレンジ1  心豊かに !鶴嶺小の読書活動

  本は心を豊かにします。お話の世界に夢中になることは,感性豊かな児童期にとって大切な経験です。本の楽しさを味わい,「本好き」になることは,一生を通じて役立つ財産になります。

 良いお話を聞くと自分の頭の中に,豊かなイメージが描かれます。名作と呼ばれる物語を読むと,人間としての生き方が学べます。このことは,「かしこい子」「やさしい子」に成長していく根っこです。

 本校では,毎週水曜日の朝の時間,保護者の皆様にご協力いただき,本の「読み聞かせ」の活動を実施しています。お忙しい中,お時間をいただき,ご準備をして学校に足を運んでくださり,心から感謝しています。そのボランティアのご経験がある保護者の皆様は,おわかりだと思いますが,読み聞かせを聞いている子供たちの集中度は凄いものです。人間が持っている五感をフルに使って,のめり込んでお話の世界に入っています。その時の児童の表情を見ていると,眼をキラキラ輝かせて,頭もフル回転させている賢さが発見できます。

 読書活動の充実を図るために,下に今年度のチャレンジを掲載しました。昨年度に引き続き読書指導協力者の野地先生にご指導いただくことになりました。野地先生のご専門は,「選書」です。それぞれの学年の発達に応じて,児童が興味をふくらませる本や読むことが必要な本を選んでいただけます。年間を通じて児童には,「ブックトーク」の時間におすすめの本を紹介いただきます。保護者の皆様も是非ともご参加ください。

 本好きな子供を育てていくには,保護者の皆様のご協力が必要です。今年度もボランティアのご参加をお願いします。学校とご家庭での児童の読書環境をつなげましょう。本が大好きでかしこい子を育てていきましょう。

★☆★☆★☆読書活動のチャレンジ★☆★☆★☆

1  2棟(北校舎)から1棟(南校舎)に渡る廊下の壁に「本大好きコーナー」を設置して,図書室の情報を発信していきます。

2  夏休みの始まりの一週間と終わりの一週間(ラジオ体操の実施日)の午前中,「鶴小夏休み図書室」をオープンします。 詳しくは,後日,ご案内します。

3  図書室で実施する各学級の「ブックトーク」を保護者の皆様にご案内し,希望による参加をお願いします。  (毎週水曜日:読書指導協力者 野地先生)

4  今年度も5月に「読み聞かせ講習会」を実施するとともに,10月と2月に「読み聞かせ勉強会」を開催します。

★伸びゆくチャレンジ2  交通安全・ぜったい無事故!

歩くときのお約束

 学校生活を楽しく過ごしていくためには,何よりも大切なことがあります。それは,「安全」です。

 自分で大切な「いのち」を守っていかなければなりません。また,私たち大人は,かけがえのない子供の「いのち」を守ります。

 3月23日(月曜日) PTA校外委員会が主催する「班会議」が体育館で開催されました。児童と保護者の皆さんが数多く参加していただきました。

 次の写真は,当日,特別ゲストの「えぼしまろ」君と一緒に,安全な歩き方について考えているところです。雨の日に傘をさしてふざけっこ!?これは,×です。ぜったいにダメです。

 今年度も一年間を通して「歩く時の五つの約束」をご一緒に考えていきたいと思います。特に,児童の安全意識を高めていくことに努めましょう。

 昨年度の鶴小だより5月号の内容を再掲します。人間には,すばらしい感覚機能があって,危ない状況から身を守ることができるようになっています。しかし,それは,意識が向かっている時のみです。では,日ごろから何に注意をはらって歩けばよいのでしょうか?

 それは,自分の目でよく見ることです。見て確かめて行動する習慣が身についていれば,危険を回避することができます。自分の大切な「いのち」を守ることができます。

 「安全」は,児童にとって学びを深める内容です。とにかく,「無事故」を達成するために,日々の注意と言葉がけをよろしくお願いします。

えぼしまろ

●○●○●○ 交通安全のチャレンジ ●○●○●○

1  鶴嶺小学校「五つの歩く約束」について,一年間を通して徹底し,事故を未然に防ぎます。

2  年間11回の「下校指導」の取り組みを学校・家庭・地域の皆さんで協力して実施します。

3  二年生の「交通安全自転車教室」(7/4開催予定)と推進協「自転車安全教室」により,自転車の乗り方について安全指導を行います。

4  鶴嶺小学校区「子どもを守る会」の皆様に感謝しましょう。登校下校の見守りをお願いしていきます。

5  PTA校外委員会と推進協環境部の皆様と協力して,通学路のさらなる改善を茅ヶ崎市並びに茅ヶ崎警 察署に依頼し,安全の環境を整えていきます。

★伸びゆくチャレンジ3  素敵な歌声を広げよう!音楽教育の推進

★伸びゆくチャレンジ4  「鶴嶺ふるさと教育」地域にある学習の材料を生かした活動の展開

★伸びゆくチャレンジ5  「花いっぱいになあれ!」運動の充実

★伸びゆくチャレンジ6  新学習指導要領に対応する「学びあう」授業の創造

★伸びゆくチャレンジ7  保護者の学習への参加とボランティア活動の充実

*「伸びゆくチャレンジ3~7」の詳細については,順次,学校だよりでお伝えします。

このページに関するお問い合わせ

鶴嶺小学校
〒253-0086 茅ヶ崎市浜之郷477番地
電話:0467-85-3155