エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在のページ:  茅ヶ崎市立小学校・中学校トップページ > 梅田小学校 > 校長先生の部屋

ここから本文です。

校長先生の部屋

更新日  令和3年4月22日

校長あいさつ

 みなさん、こんにちは。梅田小学校長 日高大司郎と申します。どうぞ、よろしくお願いします。

 今年度は通常通り、前期を始める事ができました。コロナウイルス感染症の心配は引き続きございますが、子どもたちが、毎日元気に通ってきてくれることがこの上ない幸せです。

 さて、保護者の皆様、地域の皆様におかれましては、日頃より本校の教育活動にご理解とご協力をいただきまして、大変ありがとうございます。今年度は、コロナウイルス感染症の蔓延状況を睨みながら、なるべく、保護者の皆様、地域の皆様とのつながりを大切にして、学校運営をして行こうと考えております。と言いますのも、昨年度一年間、感染症防止のため、様々な学校行事等を中止にして参りました。それは致し方ないことと思いながらも、保護者の皆様と担任である本校職員とのつながりを、十分つくりきれなかったとも感じているからです。保護者の皆様が、何か心配なことがあれば、ためらわずに相談できる。教職員も、保護者の皆様と共に考えながら、指導できる。そんな関係が学校には必要だと、改めて思わずにはいられない1年となりました。

 子どもをいつも真ん中に置いて、その子どもたちに、親御さんも地域も学校も、みんなが関わっていく。子どもの幸せを願って互いに手を携えながら、子どもにとって「よい」ことは何か、「必要」なことは何かを考えていく。そんな、関係でありたい。一緒に「共育」したい。「共に育む」仲間でありたい。そんなことを思っています。学校教育が、できることには限りがあります。保護者の皆様にも、地域の皆様にも、お手を貸していただきながら、よりよく子どもたちを育めるよう尽力して参ります。

 どうぞ、よろしくお願いします。

学校教育目標

【児童一人一人に「知・徳・体」の調和のとれた、

     生きる力(確かな学力・豊かな心・健やかな体)を育む。】

めざす児童像

  • やさしく(徳):思いやりのある豊かな関係性
  • かしこく(知):学び・考える関係性
  • たくましく(体):健康で笑顔のある関係性

めざす学校像

  • 笑顔いっぱい梅田小

 子どもたちが、毎日笑顔になれる場所、保護者の方がそれを見て、感じて笑顔になれる場所、先生方が笑顔で勤務できる場所、地域の方が誇りとして笑顔になれる場所。そんな梅田小学校を目指します。

学校経営の具体的な取り組み

(1)学校をデザインしようプロジェクトの推進

 学校運営に際して、本校職員全員できちんと本校のビジョン・ミッションを共有し、職員一人一人が、自分の立場でそれぞれに学校運営に取り組んでいけるように、学校グランドデザインの策定に引き続き取り組みます。
 学校経営ビジョンとしての学校教育目標、その具体の姿としてのめざす児童像・学校像について確認し、本校職員が自ら、改めて自分たちのミッションを策定しています。また、「こういう学校にしたい。」との強い意志をもち、何を一番大切にして学校運営に携わるのかという、梅田小学校での働き方・行動指針(バリュー)についても、話し合いを続けて行きます。

(2)エビデンス(根拠)のある学級経営・教科指導

 学校教育目標の具現化・実現のために、目の前の子どもの実態を見つめ、どのような力を付けたいかを明確にし、教員一人一人が、「何のために・どういう方法で・どのような教育活動を行うのか」といったエビデンス(根拠)をもった「具体的な取り組み」を行います。具体の積み重ねを職員一同続けていきます。

(3)6年生の力を生かした学校運営

 学校をよりよく変えていくために、6年生の力を生かします。小学校での主役は、言わずもがな「児童」です。児童が学校改善に主体的に関わるための仕組み作りと学級づくりを仕掛けていきます。

(4)職員満足度の向上

 本校の教職員が、安心してそして満足感をもって仕事できるよう、学校の組織づくりや人材育成・学級のバックアップ体制の整備を行っていきます。めざす学校像「笑顔いっぱい梅田小」の通り、梅田の先生方の笑顔があふれるために、授業や学級経営を下支えできるようにしていきます。また、同僚性が高まるように、先生方の交流の機会を意図的に設定していきます。

重点目標

(1)確かな学力の向上

  • 校内研究の充実
  • 職員間研修の充実
  • 井戸端研究の推進
  • 授業プラン等のデーターベースづくり
  • 授業公開の日常化

(2)豊かな心の育成

  • 安心して生活できる学級づくり
  • 特別活動の充実
  • 特別な教科道徳の充実
  • アセス(学級アセスメント)の導入
  • 給食、清掃、授業等での、担任相互交換の取組

(3)信頼される学校づくり

  • エビデンスを明確にした学級経営
  • 自分たちが実践していることのアウトプット
  • チーム梅田としての同僚性の構築
  • 丁寧な個別支援

 

校内研究

令和3年度 校内研究

 「夢中に学ぶ子をめざして」~つなぐ・つなげる・つながる~というテーマのもと校内研究をしていきます。このテーマは、授業をよりよくしていく視点「主体的な学び」「対話的な学び」「深い学び」を意識し、自分たちの授業をよりよく改善していくことをねらったものです。学年を研究母体として、教員、一人一人が「主体的・対話的で深い学び」を自ら実践していく、研究としていきます。講師として、國學院大學 教授 田村 学先生をお迎えいたします。

梅田セミナー

梅田学区の子どもたちを支える教育セミナーを、梅田小PTA本部主催で開催します。

「梅田セミナー」開催趣旨

 梅田セミナーは梅田小学校のPTA会員並びに地域の方々を対象に、現代的な教育課題についての講演会やワークショップ・公演等を実施することを通して、保護者や地域の方々の教育に係る理解を深め、学校・PTA・地域の連携の充実を図るために実施します。また、生涯学習の理念を踏まえ、学校が公民館やコミュニティセンターと同様に、地域の「学びの拠点」の一つとして機能し、学び続ける教職員・保護者・地域の方々の支援をしていく場となればと考えます。そして、教職員・保護者・地域の人的ネットワークが充実し、豊かな関係性のある学区の創出に向けての小さな一歩となることを期待しています。

 「梅田セミナー」令和3年度の取り組みは、今のところ未定です。

このページに関するお問い合わせ

梅田小学校
〒253-0041 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目6番1号
電話:0467-85-1125