エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在のページ:  茅ヶ崎市立小学校・中学校トップページ > 浜之郷小学校 > 校長先生の部屋

ここから本文です。

校長先生の部屋

更新日  令和2年4月27日

校長のあいさつ 校長 青柳 和富

不易と流行

 本年度、8代目の校長として着任いたしました。浜之郷小学校は、初代校長である大瀬敏昭先生の下、1998年の開校時から勤務し、多くの大切なことを学ばせていただいた、自分にとってかけがえのない学校です。
 開校から22年が経過し、この間、グローバル化や情報化、少子高齢化など社会の急激な変化が生じる中、学校教育においても、従来の人材育成像の変化への対応が求められるようになりました。開校当時に授業としては行われていなかった外国語教育については、本年度より授業時数が大幅に拡充されました。また、開校当時、徐々に普及率を上げ始めていたパーソナルコンピュータについては、文部科学省が打ち出した「GIGAスクール構想」の下、早ければ、本年度中にも小・中学生全員への一人一台パソコンの配備がなされそうです。
 一方、時を経ても変わらないことがあります。それは、本校の子どもたちの純朴さや、本校の周辺に垣間見られる牧歌的な雰囲気、さらには、「学びの共同体」としての学校を目指す、教職員の姿勢です。
 社会の変化に適時適切に対応しながら、変えざるべきところについては継承していく「不易と流行」の考えを大切にしながら、学校の主役である子どもたち全員が、安全・安心に登校し、その中で一人一人の学習権を保障できるよう、教職員一同、努めてまいりますので、保護者及び地域の皆様におかれましては、引き続き、本校の教育活動に温かなご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

みんなが安心して通える学校にしましょう(始業式でお話ししたこと)

 みなさんは、浜之郷小学校をどんな学校にしていきたいですか。どんな学校だったら、毎日通いたいと思えますか。一つだけでいいので、心の中で、考えてみてください。時間は、30秒です。青柳校長先生がなってほしい浜之郷小学校は、「明るい学校」ではありません。「えー?」と思いましたか。「楽しい学校」・・・でもありません。「元気な学校」・・・でもありません。青柳校長先生がなってほしい浜之郷小学校は、「みんなが安心して通える学校」です。
 学校には、いろいろなタイプの友達がいます。誰にでも自分から声をかけられる子、声をかけられれば一緒に活動できる子、声をかけられても恥ずかしくて返事ができない子。でも、みんなとなかよくやっていきたいという思いは、誰でも同じだと思います。どうしたら、みんなが安心して通える浜之郷小学校にできるでしょうか。これから、先生方と皆さんで、一緒に考えていきましょう。

創学の理念

「学びの共同体」としての学校

私は あなたといます 

私は あなたと学び育ちます

そして私は あなたとつらなるたくさんの人たちとともに 学び育ちます

あなたと 私と そして あなたたちと私たちが

たがいに心をくだき 学びあう

それが 浜之郷小学校の願いです

 

学校教育目標

支えあう・聴きあう・学びあう

 子どもたちが自分を再発見し、友だちを再発見し、学ぶことの価値と意味を再発見して「人生最高の6年間」を生み出す学校、そして、その営みを通して教師も親もともに育ちあう、「『学びの共同体』としての学校」でありたい。

学校経営方針

教職員の信条

1.子どもが、安全・安心に過ごせる学校をつくっていこう
2.同僚性と自律性を持ち、学びあえる学校をつくっていこう
3.地域・家庭の期待に応え、愛される学校をつくっていこう

このページに関するお問い合わせ

浜之郷小学校
〒253-0086 茅ヶ崎市浜之郷90番地
電話:0467-87-6325