エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在のページ:  茅ヶ崎市立小学校・中学校トップページ > 浜之郷小学校 > 校長先生の部屋

ここから本文です。

校長先生の部屋

更新日  令和3年5月7日

校長のあいさつ 校長 高橋 励

育ちゆく一人一人の「安心基地」であること

 この4月1日より、浜之郷小学校の校長となりました高橋励(たかはし すすむ)と申します。前任の青柳前校長の願いを引継ぎ、この学び舎に通う子ども一人一人が、「安全」に「安心」して生活しながら、これからの自分の未来に向かう航路を切り拓いていくための技と知恵、たくましさとしなやかさ、そして、やさしさを身に付けていくための「学びの場」つくりに励んでいきたいと思っています。

 私は、昨年度末までの3年間、茅ヶ崎市教育センターで勤務していました。その間、さまざまな講座の運営を行なう中で、乳幼児期から思春期にかけての子どもの成長発達についてのお話を聞く機会に多く恵まれました。また、ご参加いただいたお子様のいるご家庭の保護者の皆さまのお一人お一人が、我が子のすこやかな成長を願っていらっしゃることにも改めて気付かされました。そして、地域で子どもを見守る方々の想いにも触れることができました。

 学校で学べることは、計算のしかたや漢字の書き方、科学の知識などだけではありません。むしろ、正解が一つとは限らない他者とのかかわり方や物事のとらえ方、自分が面白さを感じたことに継続して取り組んでいくための興味・関心や、自分の望むようにならないときにそれを越えていくためのねばり強さを学ぶ場所であると考えています。

 日々新しい出来事に出会い、新しい発見をしていく子どもの成長発達には、探検のためのエネルギーを安心して補給できる「基地」と危険を感じた時に身を寄せられる安全な「避難所」となる「安心基地」の存在が大切になるといわれています。それは、保護者や養育者であったり、保育者であったり、友だちや、地域で共に暮らす方々であったりと、子どもの成長の過程で変わっていきますが、私たち学校教職員もその役割を担うものであるといわれています。

 成長の過程で多くのことを学んでいく学校での主役は子ども一人一人。ご家庭や地域の方々を含めた私たちおとなは、いわば、その舞台を一緒に創り上げていくサポーターチームです。学校が、お子様お一人お一人にとって魅力的な冒険の場になるよう、教職員一同力を尽くしてまいります。各ご家庭の皆さま、近隣の地域の皆さまにも、これまで同様、浜之郷小学校に集う子どもたちが未来に向かって挑戦していくための「安心基地」としてお力添えをいただけますよう、お願いいたします。

 

創学の理念

「学びの共同体」としての学校

私は あなたといます 

私は あなたと学び育ちます

そして私は あなたとつらなるたくさんの人たちとともに 学び育ちます

あなたと 私と そして あなたたちと私たちが

たがいに心をくだき 学びあう

それが 浜之郷小学校の願いです

 

学校教育目標

支えあう・聴きあう・学びあう

 子どもたちが自分を再発見し、友だちを再発見し、学ぶことの価値と意味を再発見して「人生最高の6年間」を生み出す学校、そして、その営みを通して教師も親もともに育ちあう、「『学びの共同体』としての学校」でありたい。

学校経営方針

教職員の信条

1.子どもが、安全・安心に過ごせる学校をつくっていこう
2.同僚性と自律性を持ち、学びあえる学校をつくっていこう
3.地域・家庭の期待に応え、愛される学校をつくっていこう

このページに関するお問い合わせ

浜之郷小学校
〒253-0086 茅ヶ崎市浜之郷90番地
電話:0467-87-6325