エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在のページ:  茅ヶ崎市立小学校・中学校トップページ > 鶴嶺中学校 > 校長先生の部屋

ここから本文です。

校長先生の部屋

更新日  平成30年4月18日

校長室から                                     佐野 実

   青葉若葉の美しい季節を迎えています。
 日頃より本校の教育活動にご理解、ご協力をいただき、心より感謝申し上げます。
 さて、平成30年度は、新入生205名を迎え、2年生181名、3年生215名、通常級16学級、特別支援学級(I組)3学級の合計601名、19学級でスタートしました。
   新入生の部活動も始まり、校内は活気に満ちています。生徒は、「上級生にしてもらったことを下級生に返そう」(良心のサイクル)の伝統を「下級生(転入生)first」と言う形で発展させています。一人ひとりが TSURUMINE PRIDE をもって生活する姿は、私たち教職員の自慢です。
 登下校時の正門での挨拶を通して、一人ひとりの名前を覚えながら、「同じ時代に生まれてくれてありがとう」「鶴嶺中に通って来てくれてありがとう」の気持ちを忘れずに、今年度も職員一同頑張っていく所存です。
 今年度も保護者・地域の皆様のご理解、ご協力のもと、「優しさと勇気に満ちた鶴嶺の郷の子」のよりよい成長のために教職員一同、力を合わせて努力して参ります。どうぞよろしくお願いいたします。

平成30年度鶴嶺中学校 学校経営の目標と方針

 鶴嶺中学校は、昭和22年5月5日に高座郡茅ヶ崎町立第二中学校として開校し、これまで約15,000人の同窓生を有し、地域に根ざした市内で2番目に歴史のある中学校です。
生徒とともに学び育つ気持ちを忘れずに、教職員一同精一杯生徒支援をしてまいりたいと存じます。地域に開かれた、地域に信頼される、そして地域の誇りとなれるような学校づくりを目指して参ります。本年度もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 それでは、本年度の鶴嶺中学校の学校経営方針をお知らせします。

  平成29年度鶴嶺中学校 学校経営の目標と方針        

1 茅ヶ崎市公立学校教育目標

  ・ 心もからだもすこやかな人になる。
  ・ ゆたかで高い知性と品位をもった人になる。
  ・ はたらく喜びを持ち、すすんで社会の発展に役立つ人になる。
  ・ 心正しく明るい社会をきずく人になる。
  ・ 郷土を愛し、その発展につとめる人になる。 

2 鶴嶺中学校教育目標

『優しさと勇気に満ちた 鶴嶺の郷の子』
・自分らしさを大切に よく考え 正しく行動できる人 になろう
・思いやりのある 心身ともに 健康な人 になろう
・進んで 仲間・地域・社会 に貢献できる人 になろう
             
3 今年度の重点目標

『誰にも優しい「みんなの学校」をめざして『インクルーシブ 教育』の視点に立った教育活動を具体的に進める』

(1)情報の共有化のさらなる推進
(2)合理的配慮の実践
(3)学び続ける意欲と確かな学力を育てる教育の充実
(4)共に学び、考え、高めあう集団の育成
(5)心がふれあい安心して学べる教育環境の充実
(6)地域との連携を図り、より開かれた教育活動の充実

4 校内研究

「カリキュラムマネジメントの充実~対話的な学びにつなげる指導の工夫~」

校内研究の活性化を図るため、次のような取り組みを推進する。
(1)授業力向上をめざした授業改善のための工夫を実践するとともに、その具体的
  取り組みとして校内研究の推進に努める。
(2)主体的・対話的で深く学べる授業のあり方の研究を深めながら、質の高い生徒の
  やる気を引き出す授業を目指す。
(3)授業公開を行い、互いに学びあい共通理解を図りながら、研究推進委員会・
  研究全体会で研究を深める。
(4) 学識経験者を講師として招聘し、講演をいただくとともに研究について助言して
  いただく。(横浜国大名誉教授 高木展郎 氏)

 

学校教育目標

 「優しさと勇気に満ちた鶴嶺の郷の子」

 「優」を、やさしく品位にすぐれ、深く考える人ととらえます。
 「勇」は、心を奮い立たせる気力を持ち、良い判断に基づき主体的・創造的に行動でき未来を切り拓く人ととらえます。
 鶴嶺中は、品位のある感性豊かな心の動きに基づく行動や生活ができ、心身ともに健やかで地域社会に貢献できる子どもを、郷(地域・保護者)の人々とともに育てます。

このページに関するお問い合わせ

鶴嶺中学校
〒253-0086 茅ヶ崎市浜之郷500番地
電話:0467-85-2247