エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在のページ:  茅ヶ崎市立小学校・中学校トップページ > 赤羽根中学校 > 校長先生の部屋

ここから本文です。

校長先生の部屋

更新日  平成29年4月13日

校長のあいさつ

茅ヶ崎市立赤羽根中学校長  飯 田 芳 之

 校長の飯田芳之です。赤羽根中学校で3年目の春を迎えました。
 誠実な生徒の皆さんや、協力的な保護者・地域の皆様に支えられ、安心して学校づくりに取り組むことのできた2年間でした。これまでしていただいたことへの感謝の気持ちを大切にして、今年度の学校経営にあたります。よろしくお願いいたします。

 学校教育目標は、今年度も『知・徳・体の調和のとれた人間になろう』です。知は「学力」、徳は「人間性」、体は「健康」ととらえ、幸福な人生を送るために必要な力を、生徒の皆さんに身に付けてもらいたいと願いながら、保護者・地域の皆様と力を合わせて教育活動を展開していきたいと考えています。

 また、今年度は重点目標を『主体的な学びと活動が深まる学校』としました。体育祭への取組をはじめとした生徒主体の活動を、行事はもちろん委員会や係活動、部活動、そして学校の根幹をなす授業においてより深化させることで、本校の生徒たちが持っている力をこれまで以上に引き出したい、伸ばしたいとの思いからこの目標を設定しました。

 さらに、今年度は『居心地のいい赤羽根中』というスローガンを設けました。生徒の皆さんはもちろん、保護者・地域の皆様や教職員にとっても、赤羽根中学校を安心して生活のできる場、「みんなにとって居心地のいい学校」にしていきたいと考えています。居心地の良さが活力となって一人一人の力を伸ばし、より力のある学校に発展させることを目指しています。

 『知・徳・体の調和のとれた人間になろう』『主体的な学びと活動が深まる学校』『居心地のいい赤羽根中』という3つの言葉を常に意識しながら、学校づくりを進めてまいります。今後とも、本校の教育活動へのご理解とご協力をお願いいたします。

学校教育目標

    学校教育目標

 知・徳・体の調和のとれた人間になろう。

  • 確かな学力を身につけ、主体的に学び続ける意欲をもった人間になる。(知育)
  • 豊かな人間性と自律性をもち、他人を思いやる心をもった人間になる。
    (徳育)
  • 健康への正しい知識とよい習慣を養い、心身ともに健康な人間になる。(体育)
     

今年度の重点目標

「主体的な学びと活動が深まる学校」を重点目標とし、日常的な教育活動を充実させることにより、「生きる力」の育成をはかります。具体的な努力点として、次に示す1から3を柱にして取り組んでいきます。

1〈学びやすい学校〉
  「身に付けさせたい力を意識した授業づくり」を研究テーマとして、言語活動の充実
  やユニバーサルデザインの理解と実践への取組を中心に、授業改善を進めます。

2〈安心して生活できる学校〉
  生徒の自己肯定感を高めることで、学校が安全・安心な居心地の良い場になることを
  目指します。

3〈信頼される学校〉
  小学校との連携、保護者・地域の皆様との連携を深め、より強い信頼関係を構築した
  いと考えます。

スローガン

 「居心地のいい赤羽根中」

このページに関するお問い合わせ

赤羽根中学校
〒253-0001 茅ヶ崎市赤羽根3030番地
電話:0467-53-2011