平成30年度

更新日  平成31年2月20日

1/7(月曜日)~1/25(金曜日)校内書き初め展

kakizome

国語の授業を使って、新春恒例の書き初めの指導を行い、冬休みの課題として1人3枚の共通用紙に清書しました。1年生「将来の夢」、2年生「新たな目標」、3年生「無限の可能性」です。最近はプリント技術が発達し、どのような字体もきれいに印刷できますが、書道、毛筆は自分の気持ちも表現できる素晴らしい文化だと思います。今後も筆を使う機会を大切にしていきたいと思います。
 

11/17(土曜日)土曜参観、地域ふれあいの日

fureai

本校の学校教育目標の一つである「進んで地域に貢献できる人になろう」の達成を目指し、地域との「ふれあい」や「つながり」の場を大切にできる生徒を育成するために「地域ふれあいの日」を設けています。
午前中4時間は授業参観で、3,4時間目は全学年総合的な学習の時間を実施し、1年生は「地区防災マップ発表会」、2年生は「職場体験学習のまとめ」、3年生は「課題解決学習研究発表会」を行いました。
当日はお天気にも恵まれ、多くの保護者の方々(お父様の参加が多かった)と地域の方々に参観をしていただきました。ありがとうございました。
午後の部は、地域の方々約70名に講師を務めていただき、地域ふれあい講座を開催することができました。生徒たちも希望する講座(3年間で3種類受講)に参加でき、真剣な眼差しと楽しい笑顔で各講座を楽しんでいました。講師を務めていただいた講師の皆様、ありがとうございました。
 

11/1(木曜日)~ いじめ暴力撲滅運動実施中

ijimed

今年度は初代スクールバディが誕生しましたが、誕生してからまだ日が浅いため、例年通り生活委員を中心に「いじめ暴力撲滅運動」を展開しています。全8回の予定で12月までに5回目が終了しました。取り組みの様子を簡単にご紹介します。

 

11月1日(木曜日)一斉道徳いじめについて考える「あの3週間」
  第1回 いじめについて考える「いじめはどのようなもの?」
  第2回 いじめは犯罪である「いじめはどんな罪になるのか?」
  第3、4回 いじめについて考える「○年○組の今を知り、さらに成長させよう」
  第5回 いじめについて考える「あたたかい居場所をつくるために」
  第6、7回 いじめについて考える「いじめ撲滅宣言を聞き、意識を高めよう」
  第8回 いじめについて考える「いじめ暴力撲滅行動宣言を書こう」

  11月1日(木曜日)に各クラス担任による一斉道徳授業をいじめ暴力撲滅運動のスタートとして、朝読書の時間を使用して生活委員による8回のワークショップを行います。第1回目はいじめにはどのようなものがあるかを考え、2回目でそれがどのような罪になるかを学びます。第3,4回では各クラスの「いじめアンケート」を分析して、自分のクラス以外の生活委員から、○年○組の良いところ、改善点を指摘してもらいクラスで話し合いました。第6.7回では生活委員や各部の部長さんから「いじめをなくすためのメッセージ」を伝えてもらい、第8回目でいじめをなくすために自分で何ができるかの「行動宣言」を全員にしてもらいます。
私は、いじめを撲滅するには「傍観者をなくし、いじめに敏感な、いじめを許さない校風」を作り上げることだと考えています。口では簡単に言えますが、目標を達成するためには長い年月をかけた継続的な活動が必要ですので、今後もいじめ撲滅に向けた取り組みを行ってまいります。

10/11(木曜日)第43回 校内合唱大会

gassyou

                        成 績
            (1年)最優秀賞:A組「COSMOS」
                      優秀賞:D組「空高く」
            (2年)最優秀賞:B組「心の瞳」
                      優秀賞:C組「あなたへ」
            (3年)最優秀賞:B組「群青」
                      優秀賞:A組「青い鳥」
 

今年は茅ヶ崎市民文化会館が10月にリニューアルオープンされ、中学生の合唱大会としては初めて使用させていただく(こけらおとし)幸運に恵まれました。ピカピカの会場で、座席が新しくなり、音響効果も以前に比べ格段とよく、楽屋やリハーサル室もとてもきれいになりました。こんな素晴らしい会場で合唱大会が行えたことに感謝します。大会当日は、朝方に雨が降り心配しましたが、家を出るころには雨もやみ、秋の心地よい風に吹かれて生徒たちは意気揚々と茅ヶ崎市民文化会館に集まってきました。スタートの1年生の合唱が驚きで、声量もハーモニーも素晴らしく、次の2年生はかなり焦ったでしょう。しかし、さすが2年生、昨年の経験とクラスの団結力を生かして昨年より明らかにバージョンアップしていました。そして3年生、いつのまにこんなに成長したのか、大人びた声で見事な合唱を披露しました。会場内は感動の嵐でした。最後のプログラム、3年生の学年合唱は言葉に出来ないほどの感動で、ため息がでるばかりでした。各学年ごとに成績が発表されましたが、どのクラスも差がなく、審査員も頭を悩ましていました。私は全クラスに最優秀賞をあげたい気持ちで一杯になりました。
 

9/14(金曜日)いじめ防止プログラム始まる

ijime

1年生4クラスで全4回のワークショップが始まりました。このワークショップは1学年職員はもちろんのこと、全職員で授業参観をし、学校全体でいじめを防止する取り組みとしたいと考えています。
第1回目は「いじめって、どんなこと?」というテーマで、2つの質問が出されました。

(1)いじめってどんな行為?

(2)いじめをする人はどんな人?

2つの質問に自由に答えて出てきた意見を黒板にびっしり書き上げました。ファシリテーターは、それぞれの行為や気持ちに関して解説をしていきますが、恐喝、万引きなど金銭にかかわるいじめ、インターネットや携帯電話を使ったいじめ、性的ないじめについては詳しく説明をしていました。いじめをする人のイメージは最初は外観の印象が多く出ましたが、「心の中はどうなっているのだろう?」と心理面について問いかけることによって、いじめをしている人の気持ちにも関心が向けられ、心の中には寂しさやつらさがあるという意見が出てきました。第2回目は「いじめる人の気持ちを表現しよう」というテーマでいじめ加害者のイメージを絵と言葉で表現しました。この作業で生徒たちは、いじめる人の気持ちや環境などにも関心を向けるようになりました。他の人の心や身体を傷つければ傷つけるほど自尊心が低くなり、加害者自身が傷つくことや、テレビ、マンガ、ゲーム、友達、親兄弟の言動などから、暴力を学ぶことが多いことにも気づきました。このワークショップでは、たとえ暴力的な環境にあっても、暴力を振るうか振るわないかは、自分自身で選択できること、いじめや暴力は絶対に許されないことを学びました。いじめを止めるのは、いじめている人自身でしかないことを強調して話をされていました。

小和田公民館行事「おもしろいっぱい遊び空間」にボランティア参加

bora3

 9月8日(土曜日)、小和田公民館行事「おもしろいっぱい遊び空間」に本校の生徒26人がボランティアスタッフとして参加しました。
  当日は天気にも恵まれ、多くの小学生が公民館を訪れ、各ブースでは順番待ちの列ができていました。
 「ビックリばこづくり」「ペンシルスタンドづくり」「キープレフトプレートづくり」「へんこう万華鏡づくり」「ふうせんバレーボール」等 それぞれのブースで小学生の面倒を一生懸命に見ました。
 

3年修学旅行6月16日・17日・18日

折り鶴
松浪中学校から奉納された折り鶴

6月16日から18日までの3日間、3年生は修学旅行に行ってきました。1日目の6月16日は午前中広島に向かい、原爆ドームや広島平和記念資料館を見学、原爆の子の像で持参した折り鶴を奉納しました。その日はそのまま宮島の旅館で一泊しました。2日目の6月17日は厳島神社を見学してから京都へ戻り、午後から班別行動で京都市内を見学しました。3日目の6月18日は朝、大阪を震源とする地震が発生したため、予定のコースを一部変更して清水寺、南禅寺を見学してから京都駅に向かいました。地震の影響のため新幹線が遅れましたが、辻堂駅には2時間ほどの遅れで全員無事に到着することが出来ました。

第58回体育大会

体育大会

吹く風が肌に心地よく感じ、直射日光もさほど気にならない運動をするには絶好の天候の中、第58回の体育大会が行われました。早朝より応援にかけつけてくださいました、たくさんの保護者、地域の皆様に心からお礼申し上げます。
5月14日より始めた約10日間の練習期間でしたが、無駄な時間をつくらず、効率的に集中して練習ができたと思っています。生徒が主体となり、体育大会実行委員を中心に生徒自らよく活動をしていました。
「静かに話を聞こう」「話が理解できたら反応しよう(はいと返事をする)」「行進は足をそろえて」「退場は最後の一人が門をくぐるまで」「ハーフパンツについた砂ははたかないで」など、生徒同士で声をかけているので、教師は見守りと、安全面での注意に集中することができました。
今年度の体育大会スローガン「雲外蒼天(うんがいそうてん) 努力の翼」は、「何かの困難や壁にぶつかった時でも、決してあきらめないで努力を続けてみよう。それを乗り越えた先にある、すがすがしい青空を目指そう」という意味が込められています。
そのためには、クラスやブロックの心を一つにしなければなりません。
「みんなで努力の翼をつくり、全校生徒で努力の翼をはばたかせ、雲の先にある青空をめざしましょう。」という素晴らしいスローガンでした。
閉会式の実行委員長のことばにもあった通り、「体育大会は勝ち負けがはっきりと出てしまいますが、本当に大事なのは今日までの過程ではないでしょうか。クラスで団結して一つの目標に向かって努力することの難しさと大切さ、そしてこの体育大会で学んだことをこれからの学校生活にどう活かしていくかが最も重要なのです。」
また、グラウンドで行われる各競技も素晴らしかったですが、集団演技ではどのブロックも息の合った、はつらつとした演技が繰り広げられ、見学者から大きな拍手をいただきました。
何といっても最上級生の3年生、「学級を越え、学年を越え、学校全体のために」良きリーダーシップを十分発揮してくれました。

【学年別総合優勝】 1年D組、2年D組、3年B組
【学年別総合準優勝】 1年A組、2年B組、3年C組
【みんなでジャンプ優勝】 1年D組、2年B組、3年C組
【みんなでジャンプ準優勝】1年A組、2年D組、3年A組
【集団演技団結賞】 黄ブロック 2年A組、3年B組
【地域対抗綱引き】 優勝 緑が浜自治会 準優勝 松浪1丁目自治会

2年生野外教室(5月8日・9日)

野外教室

中学校での初めての宿泊行事、1泊2日で愛川ふれあいの村に行ってきました。
愛川地区は新鮮な山の空気と自然があふれています。「同じ釜の飯を食い」「同じ屋根の下で宿泊する」ことで、仲間との距離が縮まります。お互いの個性を認め合い、共に支えあって、クラスや学年の絆をより深めてほしいと、しおりの巻頭言に書かせていただきました。
今年度、野外教室のスローガンは「ACTION」です。Aは「Active積極的に」、
Cは「Cooperation協力的に」、Tは「Think考え合い」、Iは「Important大切にする」、Oは「Open心を開く」、Nは「Nature自然を大切に」という意味が込められています。
私は1年生の遠足に同行したため、参加することはできませんでしたが、肌寒い雨模様の中でも天気に負けずに、野外炊事では班で協力して世界で一番おいしいカレーライスができあがったと聞いています。キャンドルファイヤーも各クラスのスタンツと歌やゲームで大いに盛り上がったことでしょう。
2日目のマスのつかみ取りは残念ながらできませんでしたが、体育館で行ったレクは思い出に残るものとなりました。
   2年生の団結力とパワーを今後の学校生活に活かしてほしいと思います。

1年生遠足(5月8日)

遠足

中学入学後初めての行事となる遠足、相模湖プレジャーフォレストに行ってきました。目的は(1)集団行動を通して、仲間とのふれあいを深める (2)時間を守り、計画的に行動することを身につける (3)公共の場でのルールやマナーを身につける ことでした。
当日は、5月にしては肌寒く雨模様で、予定通りの活動ができるか心配していましたが、日頃の行いがよかったせいか、活動中は傘の出番はありませんでした。
オリエンテーリングは班で協力して、全部の班が時間内にゴールすることができました。その後のバーベキューは、食べ放題ということもあって、大興奮、大盛り上がりでした。 寒かったせいで焼肉や焼きそばが温かく、よりおいしく感じたのでしょう、「食欲旺盛で元気で素直な黄色学年」だなと強く印象に残りました。

 

平成30年度がスタートしました。

入学式

4月5日、149名の新入生を迎え、全校498名で平成30年度がスタートしました。新入生の保護者の皆さま、お子様のご入学おめでとうございます。2、3年生の保護者の皆さま、お子様のご進級おめでとうございます。生徒一人一人が「元気で楽しい学校生活」が送れるよう、また、誰もが「安全に、安心して過ごせる学校」を目指して、教職員一同力を合わせて取り組んでまいります。どうかご理解とご支援をよろしくお願いします。