エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在のページ:  茅ヶ崎市立小学校・中学校トップページ > 鶴嶺中学校 > 学校の様子 > 鶴嶺歳時記(平成29年度)

ここから本文です。

鶴嶺歳時記(平成29年度)

更新日  平成29年11月4日

学校便り(10月号)から

後期が始まりました

 後期になり、早や1週間が過ぎました。3年生は、これまで、部活動や学校行事、生徒会活動等すべての面で最上級生として下級生の模範となり、学校をリードしてくれました。「3年生のようになりたい」という憧れの対象であり、様々な鶴嶺中学校のよい伝統が引き継がれています。その3年生も、後期は進路選択に向けて自己と向き合い、仲間と切磋琢磨しながらも自分自身との闘いが始まります。引き続きお互いに協力し、励まし合い、高め合えるようなクラス・学年を目指してほしいと願っています。
 2年生は、部活動では、すでに夏以降中心となって活躍していますが、委員会活動等でも中心となって活動を進めることになります。今では、それらを引き継ぐのに十分な力を兼ね備えています。中学校の3年間の成長は、本当に目を見張るものがあります。2年生には、3年生がそうしてくれたように、下級生の模範となり、学校の代表であるという自覚をもって日々の学校生活を充実させてほしいと思います。
 1年生も、入学式で、初めて校門をくぐった時には、まだ小学生の雰囲気を残していましたが、現在は中学生としての自覚も芽生え、立派に成長しています。委員会活動や部活動においても確かな成長が感じられ、今後の成長が益々楽しみなところです。保護者の皆様には前期同様、本校の学校教育にご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
 

学校便り(9月号)から

がんばってるね 感じがいいね すばらしい!

 2名の転入生を迎え、全校生徒が元気に戻って早や10日余りが過ぎました。夏休み明けとともにテスト一週間前となり、今日からは答案用紙も返却されます。点数のみにとらわれず、間違えたところをよく勉強し直して、次につなげてほしいと思います。
 また、1日(金曜日)には、合同引き取り訓練に多数ご来校いただきありがとうございました。災害は、いつ起きるかわかりません。各ご家庭におかれましても緊急時の集合場所等について、この機会にぜひご確認をお願いします。
 なお、16日(土曜日)は、授業参観(学年・学級懇談会)・茶話会が予定されています。すでにご案内を差し上げているところですが、ぜひご来校いただき、日頃の学校生活の一端をご覧くださるとともに教職員ともさらにお近づきになっていただけますようお願いします。
 最後に「がんばってるね 感じがいいね すばらしい」は各教室に掲示しました。部活動の大会等に応援に行っても、つい「がんばれ!」と言ってしまうのですが、590名の生徒は皆それぞれに頑張っていますし、挨拶ひとつをとっても大変感じがよく、それを認めていることを伝えたいと思っています。

学校便り(夏休み直前号)から

いよいよ夏休み!

 いよいよ学校は明日から41日間の夏休みに入ります。サザンビーチがもっとも賑わいを見せる季節となりました。水の事故、交通事故と併せて熱中症にはくれぐれも気をつけて有意義に過ごせますよう願っています。夏休み中の過ごし方については学級担任から各学級で指導いたしました。ご家庭でも学校からのプリント等をご確認いただき、ご指導いただきますようお願いします。
  3年生にとっては、この夏は自分の進路についてじっくりと考え、決定に向けて動き出す時期です。学校説明会や体験入学などを利用し、たくさんの進路情報を計画的に集め、夏休み明けの進路決定がスムースに行えるよう、夏休みの間に各ご家庭でも話し合いの時間をもたれることをお勧めします。
  また部活動にとっては、この夏は新旧入れ替わりの時期になります。明日からの湘南大会が待っている部活も3年生が引退を迎えれば、いよいよ2年生が中心となり、新しくチーム作りをしていくことになります。1年後に良い結果を出すためには、この夏の取り組みが鍵となります。2年生は部活動のリーダーとしてチームをよくまとめ、しっかりした目標を持って練習を積み重ねていかなければなりません。
 また、1年生にとっては中学校での初めての夏休みです。小学校ではなかった部活動の練習が本格的に始まります。この時期は、時間をかけて基本をしっかりと身につける時期になります。単純な反復練習や体力トレーニングなどで基礎を作り、それを土台にして積み重ねの練習がスタートします。体力的にも精神的にもきつい時があるかもしれません。しかし、この時期を乗り越えると大きな自信になるとともに、素晴らしい成長を遂げることができます。自分の成長を信じ、この夏は新たなスタートを切って欲しいと思います。
 規則正しい生活を心がけ、41日間を計画的に過ごせますようご家庭でもご指導をお願いします。

学校便り(7月号)から

部活動激励会終わる! いよいよ夏の大会へ!

 夏休みまで3週間あまりとなりました。明日から夏の総合体育大会が始まります。ぜひ応援にお出かけくださるようお願いします。様々なプロスポーツがあり感動を呼び起こしますが、一番手に汗を握り応援に熱が入るのは、鶴中生の試合です。3年生にとっては、3年間頑張ってきた最後の大会、仲間や顧問とともに汗や涙を流してきた様々な思いを胸に、練習の成果を遺憾なく発揮できるよう願っています。お忙しいとは存じますが、保護者の皆様には応援のほど重ねてお願いします。各部活ともに地区大会を勝ち進むと、湘南ブロック大会、県大会、関東大会、全国大会へと駒を進めることができます。ぜひとも多くの部活が勝ち進んで欲しいと願っています。
  さて、今年度も地区総体へ出場する選手の激励会を、昨日29日(木曜日)に行いました。各部活ともに最後の大会に臨む意気込みを表明するとともに、下級生からは熱いエールが送られました。TEAM TSURUMINE が一丸となって戦い抜いてくれるものと確信しています。最後になりますが、学校外で活動している生徒の皆さんの健闘も併せて祈っています。

学校便り(6月号)から

感動をありがとう!体育祭終わる!

 5月27日(土曜日)に行われた体育祭には、茅ヶ崎市教育委員会教育長神原聡様をはじめ、多数のご来賓の皆様並びに保護者、地域の皆様にお越しいただき、 熱いご声援をいただくことができました。ありがとうございました。
 また、推進協の皆様や本校PTAの皆様には、ふれあい席や来賓席の受付・接待や自転車置き場の整理等でご協力いただき、誠にありがとうございました。当日は最高の天気のなか、最高の生徒が、最高のパフォーマンスを見せてくれました。競技はもとより、係の仕事や入退場の美しさ等、得点種目ではないところでも全力で頑張る伝統がひときわ光っていました。学校行事を通して、各クラスの団結や成長を感じるとともに、異学年からの学びの大きさも強く実感しています。あらゆる場面で、上級生がよい範を示してくれることが鶴嶺中学校の誇りです。
 さらに今年は、交流級と一緒に参加するだけでなく、I組独自の種目も増え、多くの生徒がともに楽しむことができました。先輩から引き継いだ70年分の重みを見事につないでくれた3年生のお陰で史上最高の体育祭になりました。来年はさらにその上をめざして、1~2年生が頑張ってくれると確信しています。KEEP CLIMBING! どんな場面でも常に「さらに上を目指す」生徒へのご支援を今後ともよろしくお願いいたします。

学校便り(5月号)から

修学旅行、野外教室 どちらも楽しく有意義な時間になりました。

 それもすべて、生徒が時間やルールを守り、行動してくれたからに他なりません。本校生徒の規範意識の高さと思いやりの気持ちは大変素晴らしく、生徒にはもちろんのこと、支えてくださっている保護者・地域の皆様にも心より感謝申し上げます。
 修学旅行の3日目、京都駅で乗車待ちをしている時にお世話になった看護師さん、写真屋さん、旅行会社の方に拍手とともにお礼を言いました。そのあとで、校長から「旅行中も、皆さんは大変素晴らしかったです。私たちは皆さんを誇りに思います。一部、小さな失敗はありましたが、学校生活の中で取り返せるものばかりです。帰ればすぐに体育祭もあります。1~2年生が皆さんの背中を見ています。よろしくお願いします。」と伝えました。
 12日(金曜日)の夕刻、駅まで出迎えに来てくれた教頭と自慢大会が始まり、中々終わりませんでした。「修学旅行で3年生がこうだった、ああだった」と私が誉めると、「2年生もああだった、こうだった」と教頭先生が返して来て、それはとても幸せな時間でした。この素晴らしい生徒たちのさらなる成長を支援するのは簡単ではありませんが、教職員一同、一層頑張っていきます。今後ともご理解、ご協力をお願いします。

学校便り(4月号)から

2017年度が始まりました。

  校庭の桜が、気持ちも新たに登校してきた589名の生徒を温かく迎えてくれました。
本校の自慢は、春の桜、冬の富士山、そして年間を通して何事にも一生懸命に取り組む生徒です。今年も自信をもってこう言えるように、教職員・生徒一同が心を合わせ、よりよい学校づくりにまい進していく所存です。
 保護者・地域の皆様には、本年度も本校の教育活動にご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
 さて、新入生は大きな期待と少しの不安を胸に本校の正門をくぐってきました。中学校の3年間は人生の中でもっとも大きく変化・成長を遂げる楽しみな時期です。思春期を迎え、揺れ動く時期ではありますが、周囲の支援により心身ともに大きく成長していくのを間近に見ることができることは、私たち教職員の喜びです。この3年間で、学習や部活動等あらゆる教育活動を通して「人間的成長」を支援してまいります。学校生活を充実させるために、まず必要なのは、一人ひとりの「安心・安全」が守られることです。誰一人として、いじめ等で安心・安全が脅かされることがあってはなりません。保護者・地域の皆様におかれましては、これまでどおり温かく見守ってくださいますようお願い申し上げます。また、心配な点や気になることがございましたら、遠慮や躊躇をなさらずに担任をはじめ教職員にお知らせくださいますようお願い申し上げます。
 

新入生のリボン~家庭部~

新入生のリボン~家庭部~

  毎年、入学式には、新入生が制服の胸にリボンをつけます。リボンは、家庭部の皆さんが、ピンクのリボンテープから一つ一つ心を込めて、丁寧に作りあげています。左の写真のとおり、厚紙に「入学おめでとう」と書いたものをホチキスで留めて完成です。新入生を歓迎する気持ちを伝え、気持ちよく安心して中学校生活を始められるようにとの願いが込められています。
 卒業式後は寂しくなってしまった鶴嶺中でしたが、入れ替わりに新入生がやって来てくれました。卒業生がつないでくれた鶴中の素晴らしい伝統を、また新しい全校(589ピース)で築きあげていくことを期待しています。
 

入学式でお話したこと

 新入生の皆さん、入学おめでとうございます。鶴嶺中学校へようこそ。2~3年生全員と教職員
一同、皆さんの入学を心待ちにしていました。
 ご来賓の皆様におかれましては、ご多用の折、ご臨席賜り、誠にありがとうございます。
 さて、新入生の皆さん、今日は、お願いを1つ、自慢話を1つ、大事にしていることを1つ、合計3つのお話をします。
 皆さんは、大きな期待と少しの不安を胸に正門をくぐったことと思います。誰でも新しい生活の第一歩は、緊張とともに歩み出すものです。ですから何も心配はいりません。大丈夫です。大丈夫です。皆さんも2~3年生も、私たちも「ただ一生懸命やるだけ」です。そうすれば誰かが必ず助けてくれます。困った時には、必ず助けを求めることです。頼りになる先輩、先生方がいますから、遠慮しないでください。
 お願いは、「遠慮しないでください。」ということです。わからないことがあって当たり前の1年生です。どんなことでもよいので、誰にでも聞いてください。悩んでいる時間がもったいないです。
 次に自慢話です。鶴中の自慢は、春の桜、冬の富士山、そして、何よりの自慢は、1年中を通して「すばらしい生徒」です。皆さんはその仲間入りをしました。
 教室に行けば、教科書が一人ひとりの机の上に置かれています。3年生がやってくれました。これも鶴中が誇る、上級生にしてもらったことを下級生に返すという伝統の一つです。「良心のサイクル」と言っています。
 入学式の準備も上級生が心を込めてしました。上級生が怖いかな?という人もいるかもしれませんが、心配はいりません。安心してください。
 次に、鶴嶺中が学校生活の中で、一番大事にしていることをお話します。勉強よりも部活よりも「一人ひとりの皆さんの安心・安全」が守られることが大事なことだと思っています。誰か一人の安心・安全ではなく、一人ひとり全員の「安心・安全」が守られることが大事です。なぜなら、勉強も部活も、皆さんが安心して生活できてこそ、充実するものですから・・・。。
 皆さんの後ろには保護者の皆様がいらっしゃいます。皆さんをここまで育ててくれ、これからも一番応援してくれる人です。今日、家に帰ったら、「ここまで大きくしてくれてありがとう。僕は、私は、中学校でも頑張るよ。これからもよろしく。」と伝えてください。
 さて、退場する時に、後ろの上の方にあるメッセージボードを確認してください。
「Be you! あなたらしく」「みんなだれかのだいじ」「Students First」と3つのメッセージが掲げられています。これは、卒業を前に美術の清水先生のご指導のもと、毎年、卒業生が下級生に残してくれるメッセージです。「みんなだれかのだいじ」は、あなたが家族に大切にされているように、友達にもその人を大事にしている人がいます。あなたが大事にされなければいけないのと同じように、あなたの周りにいる誰もが大切にされなければなりません。だれもいい加減に扱っていい人などいません。あなたのことをいつも心配して大切に育ててくれている人がいるように、相手にも、その人のことを大切に思っている人がいることを忘れないでください。「みんなだれかのだいじ」を心にとめて、充実した学校生活を送りましょう。
 Be you! には、「あなたらしく輝いてほしい」という願いが、Students First! には、「学校は生徒のためにある」という私たちの思いが込められ、それを受けて、上級生はいつも「下級生 First!」を心がけてくれています。安心して、中学校生活を始めてください。
 最後に保護者の皆様、ここに「きみはいい子」という本があります。この中の一節をご紹介します。「子どもは一人ひとり違う。一人ひとりが違う家に育ち、違う家族に見守られている。そして、学校にやって来て同じ教室で一緒に学ぶ。1枚のTシャツだって、1本の鉛筆だって、この子のために誰かが用意してくれた。その人たちの思いがこの子達一人ひとりにつまっている。」とあります。
私たちはこのことを忘れずに、保護者の皆様と連携して、子どもたちのよりよい成長を共に支援してまいります。3年間、どうぞよろしくお願いいたします。

このページに関するお問い合わせ

鶴嶺中学校
〒253-0086 茅ヶ崎市浜之郷500番地
電話:0467-85-2247