エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在のページ:  茅ヶ崎市立小学校・中学校トップページ > 松浪中学校 > 学校の様子 > 平成27年度

ここから本文です。

平成27年度

更新日  平成28年3月10日

卒業へ向けて

 例年、卒業を控えたこの時期に、3年生からのメッセージが職員玄関前のホワイトボードに書かれます。週替わりで書かれるメッセージには3年間の思いがぎっしり詰まっており、後輩へ向けた心温まるアドバイスとなっています。

『合格発表も終わり卒業まであとわずかになりました。ここまでともに過ごしてきた仲間は、かけがえのない存在となりました。今までたくさんのことを乗り越えてきた仲間と、持ち前の笑顔を輝かせて卒業していきましょう。
1・2年生は3年生の良い部分を吸収し、学校生活を楽しんでください。』


『1・2年生のみなさん、こんにちは。毎日充実した生活はおくれていますか?もし、学校が”つらいな”、”大変だな”と、思っている人がいたら、考えてほしいことがあります。
 私たちが中学生でいられるのは、一生のうち今しかないのです。後でどんなに戻りたいと思っても、戻ることはできません。3年間というのは、とても短い時間です。だからこそ、1日を大切にして自分にとって意味のある有意義なものにしてほしいと思います。
 私たちは卒業するまであとわずかですが、あと少しの間よろしくお願いします!!』

小学校に「出前授業」に行ってきました

出前授業

 2月18日、19日に松浪小、緑が浜小、汐見台小で「出前授業」を行いました。例年この時期に、小学校6年生に中学校の先生方が授業をするという取組です。”中1ギャップ”という言葉も存在するように、小学校から中学校へ進学するとき、そのギャップの大きさに戸惑う生徒もいます。小学校のうちに中学校の授業のスタイルを何度か体験し、生活の様子を知っておくことで、少しでも小学生の不安を減らすことを目的に出前授業を実施しています。

マラソン大会・駅伝大会

マラソン大会

 保健体育科の授業で実施されている「長距離走」のまとめ学習として、2月4日に1年生は「マラソン大会」2年生は「駅伝大会」が行われました。
 1年生は自己と向き合いながら自分にあった走法で最後まで走ることを目標に楽しそうに走っていました。仲間からの声援を受け、信頼と達成感を感じられた学習となりました。
 2年生はクラスごとに襷をつなぐ「グループ駅伝」への取組を通して、仲間と支えあいながら一人では難しいことを仲間とともに励ましあいながら達成していく喜びを学びました。各クラスの担任による必死の伴走と応援も子ども達の心に温かな関係性を築く襷となったようです。

新入生学校紹介

2月1日、月曜日に新入生学校紹介を行いました。平成28年度に入学する、松浪小学校、緑が浜小学校、汐見台小学校の6年生、約200人が、松浪中学校に見学に来ました。
はじめに、松浪中学校での生活について、生徒会本部役員が説明をしました。そのあと、7つのグループに分かれて部活動の様子を見学してもらいました。

写真:新入生説明会

新入生保護者説明会を行いました

1月12日、火曜日に新入生保護者説明会を行いました。

説明会当日に配付いたしました資料(入学の手引・諸費振り込み関係書類・就学援助関係書類など)をまだお持ちでない方は、予備がございますので松浪中学校までご連絡ください。

研究発表会を行いました

全体会・講演会

12月22日火曜日に、研究発表会を行いました。
本校は、「考えを深めあう授業研究」~伝えあい 学びあう 生徒の育成を目指して~ というテーマのもと、平成22年から研究を重ねてまいりました。その成果のまとめとして、全クラスの授業公開及び「国語」「社会」「数学」「理科」「保健体育」「英語」の6教科で提案授業を行いました。その後、教科ごとの「グループ研究会」で提案授業についての研究協議を行い、最後に体育館で「全体会・講演会」を行いました。講演会では、横浜国立大学教育人間科学部教授 高木展郎先生にご講演いただきました。
 当日は、約200人の先生方にご参加いただき、熱心に授業参観や協議が行われました。中学校の先生方だけでなく、小学校や高等学校の先生方にも参加していただき、いろいろな観点から協議を行うことができて、とても有意義な発表会にすることができました。
 これまで6年間ご指導いただきました高木先生、研究発表会においでいただきましたご来賓の皆様、授業参観やグループ研究会に熱心に参加してくださった先生方に心より感謝申し上げます。
 「チーム松浪」として、教員が一丸となり、これまで行ってきた研究を、さらに発展させ、より良い授業を目指して、今後とも授業研究を続けてまいりたいと思います。

土曜参観・地域ふれあいの日

ふれあい講座

 11月21日には土曜参観・地域ふれあいの日が行われました。授業参観で1年生は地区マップの発表を各地区に分かれ行いました。2年生は体育の授業の一環として創作ダンスの発表を行いました。3年生は総合的な学習の時間で探求しているグループ研究についての発表会を行いました。
 午後から行われた「地域ふれあいの日」では、地域の皆様のご協力により20講座が開催されました。地域の皆様から作品の作り方など丁寧に教えていただきました。子ども達は様々なふれあいを通して充実した時間を過ごすことができました。皆様のご協力に職員一同心より感謝申し上げます。

2年生職場体験学習

農作業

 11月19日木曜日に2年生の職場体験学習が行われました。1年生の時から将来の職業や仕事をすることの大変さや楽しさについて様々な学習を積み上げてきました。職場体験は、知識として得た職業観を「体験」を通して実感の伴ったものにしていくために実施されます。地域の皆様のご協力も得て、公務員から自営業まで幅広い業種の63事業所で受け入れをしていただきました。ご協力していただきました皆様には心より御礼を申し上げます。体験を終えた子ども達は「日頃目にし、想像していたこととは違い、本当に大変だった」こと、そして「人から感謝されることが嬉しかった」ことを口々に話していました。いくつかの事業所を訪問しましたが、仕事を体験している子ども達の姿は真剣そのものでした。

創作ダンス発表会が行われました

松浪☆ダンシング

 11月14日の土曜日に寒川町民センターで茅ヶ崎寒川地区中学校創作ダンス発表会が行われました。この発表会は茅ヶ崎と寒川の中学校が体育の授業で学習している「創作ダンス」を発表しあうものです。今年度で33回目となる伝統的な発表会です。年々そのレベルも高まっており、今年度のダンスは「表現活動」として、より質が高いものになりました。本校からは2年生20名が「松浪☆ダンシング」という作品名で参加しました。松浪中学校の温かな雰囲気や息の合う仲間と協力しあう姿を大胆に表現しました。20人の生徒のはじける笑顔と全力で表現しようとする姿勢に思わず引き込まれるようなダンスでした。見ていて胸が熱くなりあらためて松浪中の底力を感じました。

地区美術展が開催されました

地区美術展

 茅ヶ崎・寒川地区中学校美術作品展が11月29日まで茅ヶ崎市美術館で開催されていました。松浪中学校の生徒の作品は丁寧に仕上げられ、特に発想や構想が優れた美しいものが多かったように思いました。美術館の係りの方も「松浪中学校の生徒作品の前では多くの方が足を止め、その美しさに感激されていた。」と話してくださいました。

1年生 「オリジナル12色相環」 29点
2年生 「文字絵」 25点
2年生 「スパッタリング」 24点
3年生 「スパッタリング」 23点
3年生 「心の部屋」 21点

地区英語弁論大会

 地区中学校英語弁論大会が11月7日の土曜日に茅ヶ崎市民文化会館で開催されました。茅ヶ崎・寒川地区の学校の代表者が英語で自分の考えを発表しました。松浪中学校からは3年生の佐藤佑香さん、濵中爽さんが出場しました。佐藤さんは「No rain, No rainbow」というタイトルで「いやなことがあってもその先には良いことがある。いつも前向きに生きることが大切である」ことを堂々とスピーチしました。また、濵中さんは「Japanese words」というタイトルで、身近にあるカタカナ英語の意味を正しく理解し、英語との違いを知ることの大切さ。外国と日本の文化を知ることの大切さを流暢に語りました。2名とも自分の思いを伝えたいという気持ちを強く持ち、心を込めて表現していました。

第40回合唱大会

本番直前の練習

 たくさんの地域、保護者の皆様にお越しいただき、第40回松浪中合唱大会が終了しました。子ども達は緊張してステージに立っていましたが、どのクラスも練習の成果を十分に発揮できた素晴らしい合唱となりました。何よりも3年生の合唱の質の高さには驚かされました。レベルの高い曲を各クラスのイメージに合わせてしっかりと仕上げ、曲に込められたメッセージを聴衆の心に届けることができていました。学年のすべてのクラスが甲乙つけ難いほどの完成度で演奏できたのは、「自分だけ」という利己的な考え方を捨て、学年全体でどのクラスも質の高い合唱を生み出だすために「学びあい 協力し合い 高めあおう」という考え方を持てたからだと思います。その結果として、学年合唱大地讃頌も聴いている人の心を揺さぶる演奏になったのです。
 そのような姿を見ている1年生、2年生は3年生から本当にたくさんのことを学んでいます。このような上級生からの「プラスの学び」が学校をより良くしていく原動力となるのだと感じました。最上級生である3年生がすべての模範を示してくれる松浪中の素晴らしさを再認識した一日でした。

地区駅伝大会

襷に思いを込めて

 10月17日土曜日に円蔵中学校周辺にて地区駅伝大会が開催されました。昨年、女子チームは県大会に出場したものの1秒差で優勝を逃し、悔し涙を流しました。今年こそ優勝して県大会へ出場することを目標に大会に臨みました。スタートした時はやや緊張した表情でしたが、チームで応援しあい、励ましあいながらゴールを目指しました。結果は昨年に引き続き、女子が県大会出場を果たすことができました。5区で3年生の土田天央衣さんが差を縮めトップと2秒差でのゴールとなりました。子どもたちは悔し涙にくれていましたが、見事な「走りっぷり」と「ガッツ」を見ることができました。男子チームも健闘し地区で5位に入賞しました。これから先の大会が楽しみです。

国語弁論大会

演題

 国語弁論大会は10月30日に茅ヶ崎市民文化会館で行われました。松浪中学校からは2年高木琉瑠さんが弁士として出場しました。「大きく変わる」という演題で、人とのかかわりが人生を変えるきっかけになることや人とのかかわりの中で人は豊かに育まれることなどを体験とともに堂々と弁論しました。

3年生の学年集会

最上級生としての自覚をもって

 松浪中学校では「クラス力アンケート」を実施しています。「クラス力」とはクラスの中で、思いやりのあるあたたかな雰囲気を作り出し、認めあい、高めあえるクラスを作る集団力のことです。クラス力の構成には、目標を達成する力(目標を立てる 努力する) 伝えあう力(話をつなげる、新たな考えをつくる) 思いやりの力(相手を受け入れる 助けあい・教えあい) 約束や決まりを守る力(生活の決まり 学習の約束を守る)があります。前期の終了を前に3年生が各クラスでクラス力についての前期の振り返りを行っていました。各クラスとも学級委員を中心にクラス力アンケートの結果からクラスの問題点について的確に分析し、今後の方向性について確認していました。各クラスのリーダーの話し方もわかりやすく立派でしたが、聴いている生徒の皆さんの態度はさすが3年生と思わずにはいられないものでした。松浪中学校の「上級生になるに従って正しい行動がとれる」という伝統は脈々と受け継がれていることを再確認した時間でした。

生徒会役員選挙

 今年度は会長候補1名、副会長候補2名が立候補しました。選挙期間中には立候補者の選挙公報が配られ、正門での呼びかけなど活発な選挙活動が行われました。生徒会役員選挙は9月25日に行われました。どの候補も松浪中学校をよりよくするための具体的な方策をもち、熱心に思いを語る姿が印象的でした。所属する組織をよりよくするために自分の持つ一票の重さを考え、慎重に投票してほしいとお願いしました。演説を聴いている生徒の真剣な態度も立派だと感じました。即日開票の結果、会長 2B西村 明希 さん 副会長 2C弓削 いずみ さん1B石川 ひまり さん が当選しました。書記・会計の役職については後日、会長が指名し決定される予定です。

地区防災マップ作り

次の確認場所は

 大雨が心配される中でしたが、9月18日に現地調査を実施しました。各自治会の皆様、保護者の皆様には早朝よりご協力をいただきありがとうございました。実際に自分の足で歩き現状を知ることで、生徒は地域の防災について、中学生としてそれぞれの考えを持つことができたようです。「防災」を他人事ではなく自分の問題として受け止めてほしいと考えます。今回の調査内容については「防災マップ」にまとめ、11月21日の「土曜参観・地域ふれあいの日」に地域ごとに各グループで発表をいたします。地域の皆様に は大変お忙しい中ですが、ご来校いただき発表をお聞きくださいますようお願いします。

始業式・入学式を終えて

満開の桜

 新緑が目に鮮やかな季節となりました。学校も始業式・入学式を終え、子どもたちの声が響き始めました。始業式の朝は子どもたちの「わー、やったー」という声から幕開けしました。正門からクラス発表の掲示板まで走っていく生徒、クラス発表を見ながら抱きあって喜びあう生徒、少しうなだれながらも肩を抱きあう生徒、悲喜こもごもの様子でしたが、皆、気持ちを新たに新しい仲間とともに学校生活を始めました。
 桜吹雪の中で笑顔を輝かせる子ども達の姿を見ると、日本の習慣や伝統には四季の香りや色とともに人の心を豊かにする「匠の技」が組み込まれているように感じます。喜びを胸に新しい夢や希望に向かって歩もうとする子どもたちの姿は本当に輝いています。そして私たち松浪中学校職員も新しい風の中、新たな気持ちで子ども達成長のため団結して教育活動に励んでまいります。今後ともご支援、ご協力をお願いします

離任式を終えて

クラスは?担任は?

平成27年度は6名の教職員が離任いたしました。離任及びご退職された先生方には、真剣に子どもたちと向き合い、丁寧なお仕事をしていただきました。先生方とのお別れを惜しむような雨模様でしたが、先生方からは、生徒や教職員に向けて「思い通りにならない時こそ、自分を見つめ努力し続けることが大切である」「松浪中の伝統を大切に、誇りを持って充実した学校生活を送ってほしい」等、勇気の湧く、心温まるメーセージを伝えていただきました。先生方が残してくださった言葉や功績を大切に、今後も松浪中学校の伝統を全員で創りあげていきたいと思います。長い間ご尽力いただき、ありがとうございました。

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明に従ってインストールしてください。

このページに関するお問い合わせ

松浪中学校
〒253-0022 茅ヶ崎市松浪二丁目6番47号
電話:0467-85-1127