エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在のページ:  茅ヶ崎市立小学校・中学校トップページ > 松浪中学校 > 校長先生の部屋 > 各学年目標と指導の重点

ここから本文です。

各学年目標と指導の重点

更新日  平成29年6月9日

第一学年

学年指導の基本方針

 小学校での学びの上に互いを認めあい、共に成長していく仲間という意識を育て、よりよい人間関係を築けるよう支援していきます。また、温かな学びの集団づくりを通して、社会に出たとき必要となる規範意識が持てる生徒の育成をめざします。
 学習においては、学習習慣をつけるとともに、学びあう関係は、伝えあうことで成立することに気付けるよう指導し、すべての子ども達が学びに対する好奇心と意欲を持てる集団づくりをめざします。
 さらに、中学校生活に意欲的に取り組ませることにより、生徒一人ひとりが自己有用感を持ち、自己実現できるよう指導していきます。
 また、保護者との信頼関係を基盤に指導を充実させていきたいと考えます。

学年目標

「思いあい 学びあい」

~よりよい生活習慣と学習習慣を身に付ける~

学年指導の重点

(1)教科指導の充実をはかり、学び方指導を充実させる。

(2)人の話を聴く、忘れ物をしない、努力するなど、より良い学習習慣を身に付けさせる指導を根

   気強く行う。

(3)学級指導の充実を図り、場面をとらえ、何が良くて何が悪いのかを考えさせ、他を尊重する視

   点を育てる。

(4)学級に規範意識(ルール・マナーの原点は思いやり)を育て、全体を考えて行動する視点を育

   てる。

(5)学校での諸活動が将来どのように役立つのかを知り、学ぶ意味を考えさせる。

(6)保護者や必要関係機関と連携した生活指導を心がける。

第二学年

学年指導の基本方針

 昨年度は「互いの良さを認め合い、望ましい人間関係を築く。」「互いの考えを伝え合い、学び 合いのある学習環境を整える。」という2本柱のもと「コミュニケーションスキル」「学習習慣」「集団 生活(ルール・マナー)」「協調性」「成就感」をつけるべく努めた。今年度はこれらを継続しつつ、 この学年の課題として浮かびあがった「一人ひとりが光る場」「善悪を判断する心」「相手や状況を 考えての言動」を意識し、中学校の要として成長できるよう支援・指導していきたい。
 そのためには、学校生活の様々な場面での様子を全職員で観察し、認め寄り添い励ます存在 として日頃から声かけをするとともに、生徒一人ひとりが自分で考え行動できるよう仕掛けていきた い。そして、保護者との連絡を密にしつつ、丁寧な対応を心がけ、信頼関係を深めていきたい。

 

学年目標

思いあい 学びあい 高めあい 

・相手の気持ちを思い言葉を 選ぶ

・周りの状況を考え行動に移す

・互いの考えを伝えあうことで自分の考えを広げ深める
 

学年指導の重点

(1)学習面
・「聴くこと・話すこと」のコミュニケーションスキルをもとにする。
・授業ルールと学習習慣が身に付くようにする。
・授業での学びあいを大切にし、それによって考えを広げ深めることを実感させる。
(2)生活面
・「松浪スタンダード」をもとに足並みを揃え支援・指導する。
・基本的なルールを守ることで、安全安心に生活できることに気づかせる。
・自己肯定感および達成感が持てるように、励ましの声掛けを全職員で行う。
(3)行事面
・行事に積極的に参加し、協力することや粘り強く取り組むことの大切さを体感させる。
・様々な行事を通して、お互いの良さを見つけ支えあう仲間作りの機会とする。
(4)地域とのつながり
・地域貢献活動に参加することの意義を理解し、進んで参加するよう促す。
 

第三学年

学年指導の基本方針

何をするのも最後の3年生である。これまで身に付けてきた松浪中学校での学びや経験を生かして最高学年としての誇りを持って、その役目を果たしていくように導いていきたい。また、学年としてこれまで取り組んできた活動を今後も継続するとともに、より質の高い取り組みになっていくように、生徒の思いや工夫をいかしつつ、生徒同士が心のこもった働きかけをしていってくれることを期待し、助言をしていく。そして、集団の持つ教育力を学習・生活の場面で発揮できるよう指導し、互いを尊重し正義が通用する集団を目指すよう導く。
生徒理解に立脚した評価・助言のもと、生徒のさらなる成長を促し、自分の進路に向けて、たくましく歩んでいけるように最後の1年間を支え、寄り添っていく。
   
 

学年目標

2年間で育ててきた個の力を集団の中で役立てながら伸ばし、他へ貢献できる人になる。

・互いに支えあい、自治のできる集団を目指そう
・自分を客観的に見つめる目を育てよう
・自分の長所を生かし、何事も精一杯努力しよう

学年指導の重点

(1)学習面
・授業のルールを再確認し、スキル指導をもとに思考を伝える力を伸ばす。
・学びあいを大切にし、生徒同士でよい学習環境をつくるよう指導する。
 (2)生活面
・基本的なルールを守り、それが互いの安心感や安全に結びつくことを気付かせる。
・些細なことでも最後までやり遂げるよう指導し、自己肯定感をもたせる。
 (3)行事面
・様々な行事に積極的に参加し、協力し合う事の意義を実感させる。
・自分の長所を知り、これを生かしてより質の高いものを目指すことを目標とする。
 (4)地域とのつながり
・地域貢献活動の意義を理解させ、進んで参加するよう促す。

 

このページに関するお問い合わせ

松浪中学校
〒253-0022 茅ヶ崎市松浪二丁目6番47号
電話:0467-85-1127