エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在のページ:  茅ヶ崎市立小学校・中学校トップページ > 萩園中学校 > 校長先生の部屋

ここから本文です。

校長先生の部屋

更新日  平成29年8月8日

ごあいさつ

茅ヶ崎市立萩園中学校長  高橋 正人

さくら

平成29年度がスタート!

 平成29年度がスタートして、2週間が経ちました。日頃より、本校の教育活動へのご理解とご協力に心より感謝申し上げます。
 昨年度に引き続き校長を務めます高橋正人でございます。どうぞよろしくお願いいたします。

 今年は、例年より早い3月25日に「神奈川県に桜の開花宣言」が出されました。しかし、その後やや肌寒い日々が続いていたこともあり、校門にある2本の桜は一分咲きといった状態で、4月5日の始業式と入学式を迎えました。それから1週後の4月13日に、本校の自慢でもある校門の2本の桜のアーチが満開となり、素晴らしい見頃を迎えています。
 さて、平成29年度は3年生146名、2年生167名に、新入生150名が加わり、昨年度より11名多い全校生徒463名の13学級、教職員41名でスタートしました。また、今年度は教職員の異動が比較的少なく済み、昨年度に引き続き「学びの質を高める協働学習 聴く・話す姿勢の確立 」を研究テーマに掲げ、教師が授業の質を高めていく授業改善・授業づくりに全教員で取り組んでまいります。各教室に掲示してある「萩中生の相手を大切にする聴き方・話し方」のステップシートを、今年度はさらに活用し、相手を大切にする聴き方と話し方について、教科学習だけでなく、学活、道徳、総合的な学習の時間等、すべての教育活動で「あたたかい聴き方」「やさしい話し方」ができる生徒の育成を目指します。
 また、本校のスローガンは「夢・希望・感動・感謝」です。これは、生徒一人一人に大きな夢や希望をもって中学校生活を送ってほしいという願いと、その夢は見るものではなく、夢は叶えるものであること。そして、今抱いている夢や希望に向かって、生徒一人一人が一生懸命頑張ることで、たくさんの感動を味わい、多くの人への感謝の気持ちをもってほしい、という全教職員の強い願いからです。

 本校の強みであり、平成21年度に発足した「学校支援ボランティア」は、今年で9年目を迎ました。5名の地域連携コーディネーターの皆さんが中心になって、「できる人が できる時にできることを」を合言葉に、大勢の地域の方々や保護者の皆様に学校を様々な角度から支援していただいております。
 今年度も保護者と地域の方々のお力をお借りして「夢」と「希望」に満ちた、「感動」と「感謝」の気持ちで溢れるような学校を目指して様々な教育活動に取り組んでまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

学校経営方針

学校教育目標

  • 知性をみがき、創造性豊かな人間に育てる
  • 協力と奉仕の精神をもち、思いやりのあるやさしい人間に育てる
  • 絶えず努力し、心身ともに健康な人間に育てる

目指す学校像

生徒の誰もが安心して充実した学校生活を送り、主体的で豊かな学びをとおして、信頼と誇りに充ちた活気のある学校の創造を目指す。

目指す生徒像

生徒一人一人が、自ら考え学ぶ意欲をもち、様々な教育活動をとおして、ひとの役に立ち、ひとから必要とされる喜びを感じ、感動を共有し、感謝の思いが抱ける萩中生を目指す。

目指す教師像

生徒との共感性を基盤に、生徒一人一人に丁寧に寄り添い、地域を大切にすると共に、教育の専門家として高め合い、信頼し合える、働きがいのある学校を目指す。

スローガン

 夢・希望・感動・感謝

本年度重点目標と具体的な手立て

(1)「学ぶ力」の向上と「思考し、判断し、表現する力」を育てる授業改善

  • 各教科の基礎・基本の定着のための改善
  1. 読書活動の推進と言語環境の確立
    ・「朝の読書」の時間の確保と読書環境の整備
    ・「ことば遣いは心遣い」を合言葉に、言語環境を整える
    ・「あたたかい聴き方」と「やさしい話し方」のスキル指導
  2. 持ち物、宿題、チャイム着席、提出物など学習習慣の定着
  3. 基礎・基本の定着を目指した反復学習や補充学習の導入
  4. 「学び合い」をとおして、学習意欲を高め、学びを深める授業の改善
    ・本時の目当ての提示と振り返り活動
    ・1人学び 共有の時間確保
    ・なぜ? どうして? の気持ちを大切にした授業
    ・授業のユニバーサルデザイン化
  5. 家庭学習の習慣化
  • 研究推進委員会を軸とした具体的な授業改善
  1. 集団の学習活動における学び合いの授業の工夫
  2. 主体的意欲的な学習参加を育む授業の工夫
  3. 学年ごとの公開授業と研究グループごとにミニ研究協議会の実施
  4. 授業公開並びに研究協議会をとおしての授業改善
  5. サマースクールや定期テスト前学習会をとおしての個別指導の充実
  • より適正な評価を目指して
  1. 生徒用シラバスの見直しと改善
  2. 評価規準、評価方法の見直し
  3. 通知票等の誤記入防止

(2)生命の尊重、規範意識や感謝する心の醸成を促すための改善

  • 道徳教育の推進と充実・・・・・教科化に向け準備を進める
  1. 道徳教育担当教員を中心にした校内体制の充実
    ・教材「きらめき」により、道徳の授業の質の改善を図る
    ・道徳の時間の授業時数の確保
  2. 思いやりの心や人権感覚を磨く道徳授業の構築
  3. 規範意識の醸成(ダメなものはダメ)
  4. 時間を守らせ基本的生活習慣の確立
  • 生徒一人一人の成長に必要な支援の充実
  1. インクルーシブ教育の視点に立った教育活動の推進
    ・配慮の必要な生徒へのきめ細かな支援の充実
    ・発達障害や不登校、心の悩みへの手厚い個別対応と正しい言葉遣い
  2. 特別支援巡回相談や青少年教育相談、家庭児童相談等関係機関との連携の充実
  3. スクールカウンセラーや心の教育相談員、SSWとの連携強化
  4. 特別支援教育の研修会やケース会をとおしての生徒理解の深化
  • 生徒の積極性や自尊感情を育てる
  1. 行事を通じて、企画・運営に生徒自身の主体的参加
  2. 生徒会活動や部活動等、さらなる生徒の主体的活動の促進
  3. 生徒会本部によるあいさつ運動の推進と日常におけるあいさつの励行

(3)生徒が安全かつ安心して学校生活が送れるための生徒指導の改善

  • いじめの未然防止、早期発見、迅速な対応を図る
  1. 「萩園中学校いじめ防止基本方針」をもとに、いじめのない学校を目指す
  2. いじめの疑いが生じた場合は、直ちに組織A、Bを立ち上げるなど、学校全体で取り組む
    ・いじめや暴力に対する教職員の姿勢は、アンテナは高く、目線は低く、生徒情報の把握と共有化に努める
    ・教育相談体制の確立と普段からの廊下相談の強化
  • 生徒指導の充実
  1. 生徒の人権を尊重し、丁寧な言葉がけと共感的な対応
  2. 「みんな違っていい」多様性を認めていく環境づくりの推進
  3. 生徒指導担当を中心とした生徒指導体制のさらなる整備と充実
  4. 茅ヶ崎警察署、少年相談保護センター、中央児童相談所等、関係機関と連携強化
  5. 情報の共有と指導の統一化・・・・・・・・報告・連絡・相談を密に
    ・学年を中心に、学校全体で生徒の指導にあたる

(4)「開かれた学校」「信頼される学校」を目指しての改善

  • 開かれた学校を目指して
  1. 学校評議員と教職員との懇談会の開催
  2. 土曜参観、懇談会等の充実
  3. 学級代表委員会との協働活動の充実
  4. 学校支援ボランティアとの連携の強化
  5. 生徒が地域へ積極的に出向く体験活動(ボランティア活動)の推進
  • 信頼される学校を目指して
  1. 学校からの積極的な情報発信
    ・掲示板 ・学校だより ・学年だより ・学級通信 ・ホームページ等
  2. 学校評価のさらなる改善(PDCAサイクルの強化)
  3. 生徒、保護者アンケートの改善と実施

(5)「こころ」と「からだ」の健康保持・増進に向けての改善  

  • 健康教育の推進
  1. 食育指導の充実
  2. 学校保健計画の見直しと改善
  3. 家庭との連携による基本的生活習慣の確立
  4. 校内事故防止のための安全点検の充実
  5. 教職員の安全管理と危機意識の高揚

(6)教職員の人材育成や資質の向上を目指しての改善

  • 校内研修会や研究会の充実を目指して
  1. 茅ヶ崎市教育センターや文教大学等との連携の強化
  2. 授業改善に焦点をあてたグループ研究、個人研究の充実
  3. 授業公開と研究協議会の充実(全教職員が1年に1回は研究授業を!)
  • 校外研修会の活用
  1. 校外研修会への積極的な参加と成果の共有
  2. 夏季休業中の有効活用

(7)生徒が安心して学校生活を送るための環境整備の充実に向けての改善

  • 環境整備の推進
  1. 事務室との連絡、連携の強化
  2. 学級代表委員会、地域団体、学校支援ボランティアとの連携の強化
  3. 登下校時の危険箇所点検と改善要望
  4. 職員室内の環境整備と学年職員室の環境整備
  5. 職員室内のパソコン利用方法の改善と個人情報の管理強化
  6. 防災計画の見直しと防災教育の計画作成と実施
  7. 校舎内外の環境整備と美化の推進(清掃指導の強化)

平成29年度 校内研究テーマ

 学びの質を高める協働学習

       ~ 聴く・話す姿勢の確立 ~

校内研究推進計画

・平成29年6月26日(月曜日):校内授業研究会(1)(細井由美先生)
・平成29年8月28日(金曜日):校内全体研究会(道徳に関する研修 赤坂雅裕先生)
・平成29年11月6日(月曜日):校内授業研究会(2)(谷井茂久先生)
・平成30年2月2日(金曜日):校内授業研究会(3)

方向性として

・次期学習指導要領改訂に向け、授業研究を中心にした校内研究を実施する。
・生徒の学習意欲を高める授業の在り方の研究をする。生徒の姿から学ぶ授業研究を行うことにより、教科の壁を取          り払える。
・特設5校時の公開授業と研究協議会を最低でも年3回開催する。
(注)2~5校時を公開授業とし、全教員が授業公開を行い、講師の先生から指導をいただく時間を設ける。
・年2回「授業Day」を設け、指導略案を作成・配付し、公開授業を実践するとともに、研究グループごとにミニ研究協議会を開催する。

学習支援

●平成29年度 萩園中学校サマースクール(学習部が中心となり全教員で係わる)
<目的>
(1)学習面で悩みを抱える生徒に対し、個別支援を行うことで信頼関係を深める。
(2)地域の学習支援ボランティアと教職員が連携し、共同(協働)関係を築く。

<日時>
平成29年7月25日(火曜日)~7月28日(金曜日) 午前9時から11時
平成29年7月31日(月曜日)~8月  4日(金曜日) 午前9時から11時

このページに関するお問い合わせ

萩園中学校
〒253-0071 茅ヶ崎市萩園2425番地
電話:0467-82-9192