エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在のページ:  茅ヶ崎市立小学校・中学校トップページ > 第一中学校 > 校長先生の部屋

ここから本文です。

校長先生の部屋

更新日  平成29年4月14日

校長のあいさつ                       校長 古郡 隆文

 4月1日付で第21代校長として着任しました古郡隆文と申します。二人のわが子がお世話になったこの学校と地域への恩返しを胸に、微力ではございますが、精一杯学校運営に努める所存です。どうぞ宜しくお願いいたします。
  本年度の第一中は、普通学級-1年生6クラス、2年生6クラス、3年生5クラス、特別支援級(I組)-2クラスで、「かしこく、やさしく、あきらめない」生徒の育成を目標にスタートしました。
 また、3年目を迎えるインクルーシブ教育にかかわる「みんなの教室」モデル校としても、さまざまな子どもが「共に学び、共に育つ」学校づくり、すべての子どもを包み込み、学校全体で支えるための研究・実践を教職員一同「チーム一中」として推進していきたいと思います。どうぞご支援・ご協力をたまわりますようお願い申し上げます。

学校教育目標

  1. 探求心にもえ、進んで勉学に努力する生徒
  2. 豊かな情操を育て、義務と責任を重んじる生徒
  3. 心身を鍛え、ねばり強く活動できる生徒

学校経営方針

学校経営の努力点

  1. 「存在すること自体に価値がある子どもたちの命を育み慈しむ」ことを教師の基本姿勢として、「子どもたちが共に学び、共に育つ」学校を目指し、次の4つの学校作りに取り組む。
    ・ 心に温もりが感じられる学校
    ・ 安心・安全が育まれている学校
    ・ 学ぶ喜びに満ちている学校
    ・ 地域とともに子どもを育てる学校
  2. 学習指導要領に対応した創意ある教育課程を編成する。
  3. インクルーシブ教育を推進する
    ・すべての子を包み込む学校、学級を目指す。
    ・学びのためのユニバーサルデザインを意識した授業づくりに取り組む。
    ・特別支援学級と普通学級との生徒間及び職員間の交流を積極的に実施し、特別支援学級、支援教育への一層の理解を図る。
    ・学区小学校や地区高校と課題の共有を図り、連携を進める。
  4. 地域教育力の活用を図る
    ・「学校支援・地域連機事業」の研究に取り組む(27・28年度)。
  5. 生徒指導の充実を図るとともに、「学校いじめ防止基本方針」に基づき、いじめの未然防止、早期発見、早期解決に取り組む。
  6. 校内のチェック体制を確立し、事故の未然防止に努める。

生徒指導の基本姿勢

  1. すべての生徒が、より豊かで充実した学校生活をおくれるようにする。
  2. 生徒と職員、保護者、地域と学校との信頼関係を深めるようにする。
  3. 生徒自らが作り出す活動(生徒会活動・学級活動・部活動など)を大切にするとともに、生徒が認められる場面を大切にする。

〈指導の具体的方針〉
 
(1)生徒との信頼関係を深める。
 (2)生徒を認める場面を数多く設定する。
 (3)生徒の基本的生活習慣の確立をはかる。
 (4)職員が情報を共有し、学年、学校全体での指導体制を確立する。
 (5)小学校・高等学校との連携をすすめる。
 (6)保護者・地域・外部機関との連携を図る。
   ・ 各種懇談会、授業参観、PTAの各種会合等を積極的に活用する。
   ・ 校外パトロール、体育祭、地域ふれあい、PTA行事、推進協等を通じて、相互理解と
     ともに協力関係をつくる。
   ・ 学校・学年だより、学級通信、学校ホームページ等により、家庭・地域に対して学校の
     考え方を伝え、信頼関係がつくれるように努力する。

道徳教育目標

「生きている喜びを感じる生徒を育成する。」

〈重点目標〉

  1. 自ら考え、進んで行動のできる生徒を育てる。
  2. 相手の立場を尊重し、思いやりの心を持つ生徒を育てる。
  3. 何事にも全力をつくし、懸命に努力する生徒を育てる。
    「三つの標語」(校内実践指導目標)
    1元気にあいさつ  2はっきり発言   3気づきの清掃

校内研究

〈研究テーマ〉

「すべての子どもたちが共に学び、共に育つ学校を目指して」
 ・ユニバーサルデザインの視点を意識した授業づくり
 ・支援を必要とする子どもへの支援体制の整備

〈計画〉

  1. 学びのためのユニバーサルデザインの推進

    ・講師招聘による研修会(講演・ワークショップなど)
    ・積極的な授業公開、研究協議会の開催
    ・先進校視察、研究発表会・研修会等への積極的参加

  2. 校内支援体制の構築    

    ・定期的な支援会議・研究推進委員会の開催
    ・「みんなの教室」の効果的な活用の研究
    ・人材の効果的な活用

  3. 通常級と支援級の交流の拡大

    ・I組生徒が通常級の授業、行事に参加する場面を増やすための支援
    ・通常級担当職員によるI組での授業、交流の推進

  4. 保護者への理解啓発
  5. 学区小学校、地区中学校、高校への情報提供、連携

学校評価

 

5月

学校評議員会(全体会)

学校説明会

6月 授業参観アンケート
9月 コミュニティサタデー
10月 学校へ行こう週間アンケート
1月

生徒意識調査
保護者アンケート
職員アンケート

2月

授業参観アンケート
学校評議員会(全体会)
学校関係者評価

3月 学校報告会

グランドデザイン

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明に従ってインストールしてください。

このページに関するお問い合わせ

第一中学校
〒253-0054 茅ヶ崎市東海岸南四丁目10番1号
電話:0467-85-1181