エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在のページ:  茅ヶ崎市立小学校・中学校トップページ > 松浪小学校 > 校長先生の部屋 > コラム > 「楽しいを考える」(10月)

ここから本文です。

「楽しいを考える」(10月)

更新日  平成29年10月10日

「楽しい学校」「楽しい授業」など楽しいという言葉は、学校内でもよく使われる。楽しいということは、なんか心がうきうきして、それこそ楽しくなる。では、楽しいとはどういうことだろうと少し考えてみる。「楽しい」とは、満足し愉快な気分であったり、心が満ち足りて安らいだり、そういう心の感情となる。楽しいが見えるわけではない。そしてみんなに共通のものでもない。少し捉えにくい「楽しい」であるが私は「楽しい学校」にしたいと思っている。『子どもたちが楽しいと笑顔になる学校』その楽しいって何?と考えてみる。子どもたちの楽しいにはどんな楽しさがあるのだろう?

友達と遊ぶ楽しさ。思いっきり体を動かす楽しさ。先生や友達と会話する楽しさ。今まで知らなかったことを知る楽しさ。できなかったことができるようになる楽しさ。人の考えを聞いて自分の考えを変容させる楽しさ。自分の居場所があり安心できる楽しさ。等々まだいっぱいあるだろう。子どもたちに、これら全てでなくとも多くの楽しさを実感してほしいと思っているので「楽しい学校にしたい」と私は言うのだろう。

10月6日の前期終業式で、全校の子どもたちに「楽しい松浪小学校になるために考えてほしいこと」として話をしました。『一つ目は、自分が楽しむこと。自分が楽しくなるためにどうすればいいのか考えてほしい。二つ目は、人を楽しませること。まわりの人を楽しませるためにどうすればいいか考えてほしい。そして、みんなで楽しんじゃおう!そうすれば、楽しい学校になっていくと思うよ。楽しい学校をつくるには、みなさんの力が必要です。』

では、保護者として、楽しい学校とはなんでしょう。子どもたちから、楽しいという報告が多ければ、やはりうれしく楽しくなり、少しでも楽しい学校を実感していただけるのだろうか?また、様々な学校行事やPTA行事に参加し、子どもの楽しんでいる姿を目にし、自分も楽しみ活動することで実感していただけることなのだろうか?これから、一緒に楽しい学校づくりについて考えていきたいですね。

このページに関するお問い合わせ

松浪小学校
〒253-0022 茅ヶ崎市松浪一丁目1番61号
電話:0467-83-4571